スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【DVD感想】戦国BASARA DVD 其の六 感想 
戦国BASARAのDVD6巻。届いてからずいぶん時間が経ってしまいましたが、
そして、もうすぐ7巻も発売されますが、
5巻まで感想を続けてきたので、遅ればせながら6巻についても記事を書きたいなぁと思います。

     

ちなみにアニメ公式サイトでは、DVD7巻のPVが流れてますね!!
こちらがめちゃくちゃかっこいいっ≧▽≦
このPV、何回観ただろう(笑)ってくらい、思わず何回も観かえしてしまいました~。
満を持してのアニメオリジナルっていうことで、すっごく力が入ってる気がします!!
作画がすっごくきれいでかっこいいですね!!
かっこいいアニキと元就さまにドキドキします!!
そして、慶次のカットがすごくかっこよかった~!!これにはときめいた!!
桜吹雪も舞ってたし、慶次がどう2人を説得したのか、すっごく楽しみです!!
ということで、DVD7巻もすっごく楽しみ♪

話を戻して、この6巻。アニメ的にも最高に盛り上がった、最終2話が収録されているし、
中井さん、速水さん、むとうさんの座談会が収録されてたり、
若本さんのオーディオコメンタリーだったり、本当に内容が盛りだくさんです♪
アニメ楽しかったなぁと改めて思いました~!!
また、第一話から通して観たくなりました^^



<初回生産限定特典>

特製描き下ろしスリーブケース
ブックレット(8P)
キャラクターカード(2種)


初回・通常共通特典として、2010年2月に開催される
”TVアニメ「戦国BASARA」第一期ファン感謝イベント”の応募権が封入されています。
私は蒼の陣は観に行く予定です♪
紅の陣のほうは、イープラスの先行予約で何回か申し込んだんですが、
抽選ではずれてしまったんですよね。
DVDの応募券で、応募はしてみたんですがどうかなぁ。
くじ運はない方なので、期待はしてませんが(笑)
こちらの応募では、紅の陣か蒼の陣かを選べないので、
万が一蒼の陣が当たったらどうしようっていうのもあるんですが、
その時は、妹に譲って一緒に行ってもらおうかな(笑)
まぁ、それは当たってから悩むことにして、
当選者には1/15に当選はがきが発送されるそうなので、期待しないで結果を待ちたいと思います。

ブックレットには、プロデューサーの丸山博雄さんのインタビューが載っています。
印象的だったのは、この作品がヒットした秘訣について尋ねられ、
後だしジャンケンのようなもので、本当の意味で支持された理由はわからないと。
ただ、一生懸命作品を作っている人がいて、
関係する人々が一生懸命その作品を盛り上げようと努力してきたから、
そして、それを一生懸命観て、応援してくださる方がいっぱいいてくださった。
ヒットする作品は狙ってもできないと。
確かに、狙ってヒットするなら苦労しないですよね。
作品を熱を持って一生懸命作っているのは、視聴者にも伝わってくるものだと思います。
だからこそ、その熱を受けて観ているこっちもどんどん盛り上がったのかなぁと。
この熱を、第二期にも継続し、さらに盛り上げてもらいたいです~。

<本編>

アニメの11話、12話(最終話)が収録されています。
物語が最後に向かって、怒涛のように動きます。
もう、30分アニメとは思えないほどに内容が詰まっていて、
物語の波に押し進められ、ラストまで一気に駆け抜ける感じです!!
最終話のキャラ総出演には、やっぱり盛り上がりました~!!
これで終わるのが本当に寂しいなぁと思っていたので、2期決定の告知には本当に喜びました!!

当時の感想は、やっぱり読み返すのは恥ずかしすぎるんですが、
相当、盛り上がってたんだなぁという雰囲気は伝わるかなぁと思います(笑)
そんな羞恥プレイ(笑)なアニメ視聴時の感想はこちらです。

・【アニメ感想】戦国BASARA 第11話「光秀謀反!本能寺大炎上!!」

・【アニメ感想】戦国BASARA 第12話「安土城天守 明日を懸けた死闘!!」

<映像特典>

・「戦国BASARA座談会」 出演:中井和哉 速水奨 むとうやすゆき<約54分>

たっぷり54分の座談会が収録されています~。
これは、予想外で見応えたっぷりで、これだけでもこのDVDを買って良かったなぁと思いました。
とにかく、皆さんBASARAに対して熱く語られていて、
この作品を大事に熱を持って作り上げられたんだなぁというのが伝わってきました。

場所は東京・新宿 戦国居酒屋「個室乃世 大河の舞」
思わず調べちゃいました(笑)
ちょっと行ってみたい気もしますが、口コミを読むとけっこう厳しい評価も。
とりあえず、雰囲気だけでも感じる分にはいいのかもしれません。

プロダクションI.Gの和田さんの司会進行のもと、座談会が進められます。
むとうさんは、このDVDで初めて姿を拝見しました。
この人がBASARAの脚本を書いてるんだ~。
そして、速水さんは普通に話していてもやっぱりいいお声です♪

内容が盛りだくさんだったので、いくつか質問をピックアップしてご紹介します~。

★政宗と光秀のアフレコ秘話について

11話。中井さんは、速水さんの演技をそばで見ていて、見ちゃいけないものを見ちゃったそんな気分になったそうw
速水さんは、1つ箱をあけちゃったと(笑)
速水さんと言えば、正統派なイケメン、かっこいいキャラの印象ですが、
光秀はぶっ飛んでましたからね~。
でも、あとから別の質問で速水さんがおしゃっていたんですが、
今までにないパターンの役を演じて、自信になったと力強くおっしゃられていたのが印象的でした!
まだまだ俺は行けると!
そして、そんな光秀をアニメーターさんや、むとうさんも楽しんでノリノリで描かれていたそうです♪
そして、アフレコと言うと、信長役の若本さんは、
別の仕事の関係で別撮りすることが多かったそうですが、
最終話だけは、中井、保志と掛け合いをしなきゃダメだ!
と、別の仕事のスタッフに頼んで、アフレコに臨んだそうです。
そして、その別の仕事のスタッフも、
戦国BASARAの最終話なら行ってください!と言ってくれたとか。
これには、むとうさんも感動したそうです。
そして、その話をここで初めて知った中井さんもすごく喜んでいました~。
若本さんなどのベテランさんにも、しっかり演じたいと思われるBASARAという作品!!
みなさんに大事にされていて、嬉しく感じます~!!

★キャストが選ぶ名シーン

どれもこれも名シーンと言うことで、選ぶのが難しいというお二人。
自分の出演シーンに限って、選んでもらうことに。

政宗役の中井さんは、10話の政宗が決断をして伊達軍を「解散」するところまでの一連の流れ。
それまでは、政宗は主体的に戦っていたとは言え、小十郎の存在が大きかったと。
でも、ここで初めて政宗がイニシアティブを取って、物事を決断したところで、
この人は、この物語を引っ張っていく主役なんだなぁと感じたそうです。

速水さんは、長政をいたぶるところ(笑)
市、長政、光秀の関係性をしっかり演じることで、光秀というキャラクターの立位置を
確固たるものにできると思って演じられたそうです。

ちなみに川崎監督は4話がお好きだそうです。
物語が動き出す前の準備、溜めの部分と言うのがお好きだとのこと。

★生まれ変わったらなりたいキャラクター

速水さんは「かすが」(笑)
思わぬ変化球です。でも、かすがは一途で幸せそうだと。
耳元で囁かれるだけで幸せですからねwww
好きな人のために生きられるのは、幸せかもと。

中井さんは「佐助」
佐助はかっこいい!飄々としてるけど、女の子はああいう人が好きだよねと(笑)
飄々としてるけど、仕事はできるっていうのがかっこいい!!

私も佐助好きです(笑)
思わぬ忍コンビ♪アニメとは関係ないですが、ゲームのBASARA3ではかすがも佐助も
プレイできないキャラということで、かなり残念です。
忍も好きなんですけどね~。
政宗、幸村、慶次の次にレベルMAXにしたのが、この2人だったりするので。
まぁ、しょうがない!他の新キャラに期待です。

で、むとうさんは二番手キャラが好きだと言うことで小十郎が好きだと。
そのお話を聞いてるうちに、速見さんも中井さんも最終的には小十郎がいい!という結論に達してました(笑)

他にも、BASARAに出会って変わったこととか、
自分に一番近いキャラクターとか(これに中井さんが市と答えていて爆笑しましたw)、
BASARAを四文字熟語で表してみたりとか、色々質問がありました。
そして、アニメ二期に期待することなども。
速水さんは、一期であんな最後を遂げてしまったので、でも二期も何でもいいから出たい!と。
中井さんは、政宗は活躍してもしなくてもおかしくないし、まだまだ沢山のキャラクターもいるので
純粋に楽しみだとおっしゃっていました~。
むとうさんも二期も引き続き脚本を担当されるそうで、
来年のアニメ二期が本当に楽しみです!!

・「ミニ戦国BASARA 長曾我部君と毛利君」第六話<約6分>

長曾我部君と毛利君のアニメ第六弾!

寝込んでいる毛利君のもとにあらわれたアニキ。
「どこが悪いのか言ってみな」
アニキのこの言い方がとっても優しい~♪
それに対して、とっとと帰ってほしい毛利くん。
熱がある毛利くんに対して、俺に任せな!と、アニキ自ら特製粥を作ることに!
これがとんでもない色をした代物で(笑)
無理やり食べさせられた毛利くんは、ちゅどーーん!!となってしまいましたとさ。
そして、今度は毛利君の病気が移ったのか、寝込むアニキ。
この前のお礼だと言わんばかりに、今度は毛利君が特製粥を作ることに!
これまた、七色のとっても危険な粥が出来上がって。
アニキも不思議粥の餌食になりました~。

ってことで、今回は正直、今までで一番微妙だったかも(笑)
まぁ、この2人の活躍は次巻のDVD7巻に期待したいと思います!!

<音声特典>

・オーディオコメンタリー

出演:若本規夫さん、岩浪美和さん(音響監督) 、中武哲也さん(プロデューサー)

5巻では、出演者はこの組み合わせで、若本さんではなくてかすが役の桑谷さんでしたが、
他の2人は同じでも、若本さんだとまた違った雰囲気でした~(笑)
桑谷さんの時は、セクハラ発言が多かった気がしますけど(笑)、
今回はまじめな話が多かったかも。
何だか、中武さんが緊張されてました(笑)
若本さんにもっと話せと言われて、焦ってる一面もw
そこは、岩浪さんが上手く進められてました~。

いい加減、長くなってきたので印象に残ったことだけ(笑)
若本さんがおっしゃっていたのは、BASARAの信長はとにかくやりがいがあったと!!
他の役の場合は、すっと入ってすっと演じることができたりもしますが、
信長役はすっとは入れなかった、気合を入れて毎回臨んでいたそうです ~。
大御所の若本さんが、そんな風に気合を入れて演じていてくれたことを知れて
嬉しかったです!!
そして、50代になっても一線級で活躍し続ける若本さん。
声優は、アスリートと一緒だと、鍛えあげていかなければならないと、
そして、今でも朝3時間訓練をしてから仕事に行くというお話も聞けて、
これだけ活躍されている方は、やはりプロ意識がものすごく高くて、
活躍を裏付ける努力もしっかりされてるんだなぁということに、感動しました~。
80歳になっても、ギラギラ活躍する若本さん(笑)にこれからも期待したいと思います。

そして、もう1つわかったことは、若本さんは自分の役以外興味がないこと(笑)
幸村を見て、これが片倉?とか、ひどすぎです~www
まつを見て、これ朴ろみ?とかwww
玄田さんのやっている、信玄を見て誰だかわかります?と聞かれて、
「さつまいもの・・・」って一体、だれだと思ったんですか~(笑)
自分の役でいっぱいいっぱいだそうですが、自分の戦ったひとくらい覚えておいてください(笑)
政宗だけは、わかっていたみたいで良かったですw


ということで、DVD其の六、長々とまとまりもなく失礼しました~。
ここまで読んでくださった方がいたら、本当にありがとうございます!!
アニメ放映分は、この巻にて終了。
DVD其の七は、完全オリジナルなので、内容も全くわからない分楽しみです!!
そして、もうすぐ今年も終わり。
来年、2010年はアニメの第二期も始まるということで、こちらも楽しみです!!
まだまだ、BASARAフィーバーは続きそうです^^

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/200-a300fd34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。