スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画感想】ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ 
今日は休みを取っていました~。
水曜日でレディースデーということで、映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』を観てきました♪

     ヤングジャンプ増刊 ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ オフィシャル ムービーガイド 2010年 3/31号 [雑誌]

ライアーゲームは、漫画は未読ですが、
ドラマの第一シーズン、第二シーズンと観ていました~。
息詰まる頭脳戦、心理戦にドキドキ!!
天才詐欺師の秋山(松田翔太)とバカ正直な神崎直(戸田恵梨香)の主人公をはじめ、
個性的なキャラクターも魅力的で、はまっていました。

今回の映画は、ドラマシリーズから続いてきたライアーゲームの最終決戦です。

面白かったーー!!満足でした^^

ということで、映画感想(ネタバレ含みます)を追記から。


映画は、最終ステージということで、ドラマの第二シーズンの続きから。
直は準決勝で敗退しましたが、ヨコヤが参加を辞退したことで、直に出場権がまわってくることに。
いつものごとく、谷村(渡辺いっけい)に「秋山を救えるのは直ちゃんだけだ」と説得され、
直も参加することに。

こうして、定番の音楽と共にOP映像が流れると、やっぱりテンションが上がりました~!!
秋山と直ちゃんがソファに座ってる、あの映像好きです^^
映画版ってことで、直ちゃんドレスアップしてました♪

ファイナルステージを戦うプレイヤーは11人。
きのこ頭の福永も、もちろん健在です♪ピンクのスカーフが大きく、際立ってましたw

ファイナルステージのゲームは、『エデンの園ゲーム』

ゲームのルールとしては、プレイヤー1人ずつ、ゴールド、シルバー、赤それぞれのりんごから1つ選んで、
自分の名前の焼印を刻んで投票するというもの。

全部で投票は13回行い、最終的に獲得賞金トップの人間が優勝となり、50億円の賞金を獲得。
ゲーム中、所持金がマイナス5億円になった時点で、その額が負債となりエデンの園から追放される。
ゲーム終了後のプレイヤー間での賞金の授受は禁止。

プレイヤー全員が心を合わせて、赤いりんごを投票し続ければ、
全てのプレイヤーが負債を背負うことなく13億円を手に入れることができますが、
ライアーゲームをここまで進めてきたプレイヤー達。そう簡単にはいきません。

今回は、焼印とりんごがゲームの小道具として使用されますが、
これらの小道具を含めての、頭脳戦、心理戦が繰り広げられます。
いくつものどんでん返しに、謎の裏切り者Xに、
そしてみんなで幸せになりたい、人を信じたいという直ちゃんに。
そして、ライアーゲームの主催者についても明らかに。

今回は、ゲームの内容が3つのりんごを使っての投票ということで、わりとわかりやすかったと思います~。
どのように欺いたのかについてもわりとすんなり入ってきました。
ゲームの回を重ねるごとの、頭脳戦、心理戦にドキドキワクワク。
1回1回、敵味方が入り乱れて面白い!!

一番良かったのは、秋山が直ちゃんを護ってゲームから追放されるシーン。
思わず、泣けましたーー。
まさか、この映画を観て泣くとは思わなかったので、自分にびっくり。
人を信じることを決して諦めない直ちゃん。そんな直ちゃんを信じる秋山さん。
ここはホント良かった!!

ただ、その後わりと早く秋山さんが復活したので、復活早いな(笑)と思ってしまいましたが、
まぁ、映画という尺が決まっている以上、のんびりもしてられないよね、と許容範囲でした。
あと、ちょっと残念かなと思ったのは、
秋山、直、福永以外のプレイヤーキャラにそんなにインパクトがなかったなぁという点。
この3人はドラマシリーズから見てきているっていう歴史もあるので、そう感じてしまうのかもしれませんが、
映画版ということで、ものすごい強敵をイメージしてたので、ちょっぴり拍子抜けしちゃったかなと。
謎の人物Xも、出演者的に想像ついちゃいましたしね。
ドラマは各ゲームを回を重ねてじっくり描いてきましたが、映画は2時間と時間が決まっているので
やっぱりここもしょうがないですかね。

えっと、ダメだしが多いような感じですが、全ては色々期待値が高いからなので、
全体としては、すごく面白かったです!!楽しめました~!!
ゲームの最後には、やはり爽快感を覚えました^^
そして、最後の直ちゃんと秋山さんのやり取りもまた良かったり(*^^*)
ニマニマしちゃいました♪

そして、最後の最後、エンドロールできっちり締めてくれて、笑顔で終了v
ぜひ、観に行った際はエンドロールも見逃さないようにして下さい。
あー、楽しかった~^^

 
レイトショー #B/6VgDws
カラクリが難しいですね 
はじめまして。ライアーゲームはドラマを見てファンになった者です。しかもシーズン1を再放送で見てからファンになりました。
前売券で一度観て、さらに割安のレイトショーでも観ましたがいまだにしっくりこない点が複数あります。まさか二度も観たにも関わらず完全理解できないとは・・・。情けない。
この映画を1回観ただけで完全理解できた人ってどのくらいいるのでしょうかね。
かなり頭の良い人でないと大筋のストーリーはわかったとしても、個々のカラクリの完全理解はなかなか難しいのではないのでしょうか?
武田がXだと名乗り始めたときから急に話がややこしくなってきたと思います。もちろん、最終的に「おまえがXだ」と断定する根拠が一番難しかったと思うのですが。確か数ゲーム前の状況に話を戻して、投票所に入った順番やら獲得マネーの増減を根拠にしてXの候補を3人に絞りこみ、そこからXでない人を1人ずつ候補から除外していき、最後に「おまえがXだ」と結論づける理論が一番難解でいまだにボンヤリとしています。
助け船を出したヨコヤの真の目的も少しぼやかされていますね。秋山それともナオ?どちらを助けるつもりだったのか?最後の54億全額を受け取り拒否した点、エリーから直接依頼を受けた点からしても、もしかしてヨコヤもこのライアーゲームを潰したかったのでしょうか?
またLGT事務局員の二人(エリーと谷村)の真の目的も少しずれていたように思えますね。結果的にはエリーの思惑通りになったような気がします。
全く個人的な意見ですが、ドラマからのつながりという点で、何らかのカタチで「カツラギリョウ」も起用してもらいたかったですね。
長文駄文にて大変失礼いたしました。
レイトショーより
香林 #/3WEEAIQ
Re: レイトショーさま 
レイトショーさま、はじめまして^^
ご訪問、ありがとうございます~。

ライアーゲームのカラクリ、しっかり考えると難しいですよね。
ドラマを観ているときにも、毎回そのカラクリが明かされて説明されても
さっぱりわからないことだらけで、
とりあえず、そうなのかと納得する感じでした^^;

今回の映画についても、投票順や所持金の増減で絞られるという説明で、
何となくそうなんだ~といった感じで、納得した感じです(笑)
ドラマのシーズン2のポーカーの時とか、説明されてもホントさっぱりだったので、
それよりはわかりやすかったかなぁと。
自分でちゃんと突き詰めて理解しようとすると、難しいですよね。
何度も繰り返し見て、裏を取りながら納得していくしかないでしょうか。
1回で完全理解は難しそうです~。

ヨコヤの目的。エリーはどんなメールで呼び出したんでしょうね?
結局、2人を助けるためだけに来たような感じですよね。
自分を救ってくれた2人への恩返しなんでしょうか?ライアーゲームを潰すため?両方かな?
結果的にエリーの望んでいた最終幕となったような気がしますね。

カツラギさんは確かに出て欲しかったですね!
シーズン2のラスボス的な方なので、
私的には映画という最終ステージで、ヨコヤ、Xなどともに4つ巴?でも、
面白かったかなぁと思ったりもします。

ではでは、コメントありがとうございました♪
レイトショー #B/6VgDws
リベンジマッチ 
香林様

ご返事頂きありがとうございます。
自分の勝手な願いなのですが、再度ライアーゲームを映画化してほしいと思っています。

ある日突然ポストにまた黒い封筒が・・・
内容は「リベンジマッチ」?。

シーズン1,2、劇場版を問わず、ありとあらゆるツワモノ、個性派が参加させた「リベンジマッチ」を再度、映画化して欲しいなと願っています。
もちろんニューキャラも大歓迎です。

ここで完結してしまっては少々もったいない様に感じるのは自分だけでしょうか?

レイトショーより
香林 #/3WEEAIQ
Re: レイトショーさま 
レイトショーさま、こんばんは~^^

> シーズン1,2、劇場版を問わず、ありとあらゆるツワモノ、個性派が参加させた「リベンジマッチ」を再度、映画化して欲しいなと願っています。
> もちろんニューキャラも大歓迎です。

リベンジマッチ、面白そうですね~!!
今回の映画で、いったん完結?!という形にはなっていますが、
新たな出資者などが現れて、ライアーゲーム再び!というのは、アリだと思います~v
個性的なプレイヤーに、新たなゲームに♪
映画化が難しいなら、テレビでスペシャルドラマでやるとか。
私も大好きな作品なので、続編とかスペシャル版が観られたら嬉しいです。
私的には、秋山さんと直ちゃんのその後とかも見れたら嬉しいなぁとかw

今回の映画の盛り上がりによるんでしょうかね?続編、期待したいですねv
レイトショー #B/6VgDws
既にご覧になっているかもしれませんが 
香林様

東宝の映画トピックスにてこんなのがありました。
撮影秘話などが詳しく書かれていますね。
そして、なんと金原(渡辺いっけい)はLGT事務局のアルバイトのようですね。ちょっと驚きました。

http://www2.toho-movie.jp/movie-topic/1002/01liargame_kh.html

また、こんなラッキーな方もいるようです。
LGT事務局からの?招待状です。

http://blog.goo.ne.jp/chami0625/e/7197b69bf0c30915214e21577efb00d5

レイトショーより
香林 #/3WEEAIQ
Re: レイトショーさま 
教えていただいた記事、知りませんでした~。
早速覗きに行ってきましたv
金原(渡辺いっけい)がLGT事務局のアルバイトとはびっくりですね。
エリーにもけっこう偉そうに話してるのに(笑)

試写会の招待状が、あの黒い封筒っていうのもライアーゲームらしくて面白いですねw
楽しい記事のご紹介、ありがとうございました♪

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/237-f8494123
 
最初に赤リンゴが揃わないのは当たり前としても、その後のゲーム展開は先が読めず、目が離せない。ゲームは13回戦。それぞれ自分で勝ち組を当ててみるのも楽しい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。