スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】銀魂 第258訓 「師は先に往く者ではなく共に往く者」  
今週のジャンプ感想です!

このタイトルを読んだだけで、うるっときちゃいました><

「師は先に往く者ではなく共に往く者」 というタイトル。

先週の銀さんの回想で松陽先生が出てきたことと相まって、
思いを巡らさずにはいられません。
銀さんにとって松陽先生という師は共に往く者という思い(願い)が込められているのかな。。。

表紙は、センターカラーでスーツな万事屋^^
とってもスタイリッシュです!

本編。
吉原に火の手があがり、逃げ惑う人々。
そんな中、静かに地雷亜のもとに向かう銀さん。
歩いている銀さんのコマが、すごく映像的な感じがしました。

火の手を止めようと、奔走する新八君と神楽ちゃん。
日輪もあの娘(月詠)の帰ってくる場所、、居場所を護ろうと、まちの人々共に
必死に頑張っています。
本当に、護り護られる存在なんですよね。

そんな中、地雷亜の手下達に襲われる日輪。

そこに、クナイの猛襲!全蔵さん登場!!

目んたまひんむいてよぉく見ときな 俺の技は刹那に終わるぜ
摩利支天 服部全蔵 いざ参らん!


うひゃーー、これは燃えます≧▽≦
こういう登場は、ホント爽快です!!
銀さんとジャンプを奪い合ったり、ペガサス流星拳談義をしていたり、痔だったり(笑)
なかなか格好良いシーンが描かれない全蔵さんですが、
今回は文句なしにかっこいいです!!

一方、地雷亜と月詠さん。
地雷亜の最終的な目的は己自身を殺すこと。
そのために、月詠さんを自分と同じ魂を持つもの、同じものにしようとするが、
自分の命を捧げる代わりに吉原の者たちを救って欲しいと願う月詠さんを
求めているのはそんな脆弱な魂ではないと、月詠の顔の皮を剥ごうとする・・・!

その手を貫いたのは洞爺湖!!

「そのうす汚ねェ手でその女に触んじゃねェ」

きゃーー、銀さんかっこいい≧▽≦
激怒している銀さん!
トーンもバリバリ貼っていて、すごく力を入れて描かれていることがわかります。すごい迫力です!
そして、銀さんの一撃が地雷亜に!!


今回は全蔵も格好良かったですが、やっぱり最後の銀さんが壮絶に格好良かったです≧▽≦
最後の台詞の「その女」にも激しくドキドキしてしまいました(笑)
これって銀月ですか?!銀月なのーー?!うん、燃えます!
銀さんはケガをしている上に、地雷亜はかなり強そうなので簡単にはいかなそうですが、
次回が楽しみです!

うーー、2週間後が待ち遠しい。。。

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/26-e5cded15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。