スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画】のだめカンタービレ最終楽章 後編を観てきました~ 
先週末に遅ればせながら、映画「のだめカンタービレ最終楽章 後編」を観てきました~。

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
(2009/12/09)
Nodame Cantabileのだめカンタービレ

商品詳細を見る

前編を映画館で見たので、後編も観たい!と思っていたんですが、
なんやかんやですっかり遅くなってしまい、スクリーンもだいぶ小さくなってしまいましたが、
のだめもこれでラスト!!
劇場に観に行けて良かったです~^^

ということで、ちょこっと感想です~。


公開からすっかり時間が経ってしまっていたので、劇場は100名弱ほどの小さなスクリーンでした~。
それでも週末ということで、ほぼ満席。
女性のお客さんが多いものの、年配のご夫婦できていたり、わりと幅広い客層でしたv

後編は、千秋先輩がのだめ達のアパルトマンを出て行くところから、
そして、千秋先輩とRuiの共演にショックを受けるのだめ。
シュトレーゼマンとの共演。
そして最後に、再び千秋先輩とのだめの「2台のためのピアノのためのソナタ」の共演。

千秋先輩とのだめを中心に、ほぼコミックスのストーリー通りに進んでいった感じです~。

前編は千秋先輩が中心で、オケの演奏が中心だったので
音楽もボリュームたっぷりで、またコメディ要素が随所に入って、派手な印象でしたが、
後編は、のだめの苦悩、のだめと千秋先輩の恋愛ストーリーが中心となり、
また音楽ものだめのピアノ曲が中心だったので、とてもしっとりとした印象でした~。
後編は、そんなにコメディ要素もなくって、シリアス。

演奏自体の聴き応え的には、前編の方がたっぷりオケの演奏が聴けて、
後編のピアノ曲は、短めだったかなぁと思いつつ、
後編の方では、ストーリーを盛り上げるバックサウンド的に
すごく効果的に音楽が響いてきたように思います~。
特に、映画の中で何度も流れる「悲愴」には、ストーリーと相まって、
本当に何度も泣きそうになってしまいました~。胸にぐっときました!!

最後は、のだめと千秋先輩、幸せな気持ちで見終えることができて、
とっても良いラブストーリーといった感じでした^^

あと個人的に良かったのは、峰くんと清良ちゃんのシーン!!
可愛くって可愛くってキュンキュンしました(*^^*)

前編は、ドタバタコメディからだんだんシリアスに移行して、
後編は、シリアス、ラブストーリー完結!!というような感じです~。
どちらも、やはり音楽の力が大きくって。
この音楽を映画館の良い音響で聴くことができて、良かったです。

またDVDなどになったら、前編、後編通して観たいなぁと思いました♪

ということで、のだめカンタービレ最終楽章!!
とっても楽しかったです^^

↓「悲愴」にぐっときました~。



 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/293-d3eff089

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。