スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アニメ感想】戦国BASARA弐 第3話「慶次対利家!手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」 
戦国BASARA弐 第3話「慶次対利家!手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」観ました~!

本日は、放送を観る前に、第一期のアニメ戦国BASARAの総集編
「戦国BASARA 宴EDITION(パーリィーエディション)」上ノ巻・下ノ巻が
動画サイトで無料配信されていたのでそちらを観ていました~。

・戦国BASARA 宴EDITION 上ノ巻
・戦国BASARA 宴EDITION 下ノ巻

各50分程度で、第1話~第12話まで振り返られます♪
DVDも持ってるんですけど、総集編として観るのはまたいいですね!!
一期の盛り上がり再び~≧▽≦
そんな感じで、BASARA熱を盛り上がらせつつ、本日の放送を観ました~。

それから、クイズに答えると抽選で特製BASARAお中元もらえる
番組プレゼントも引き続き実施中のようですね♪
今回は幸村に電話してみましたv
うん、熱いですね♪そして、やっぱり「お館さまあああああ」な感じで楽しかったです♪

では、追記より第3話の感想です~。


今回はひたすらシリアスでしたーー!!

メインは、タイトル通り 慶次VS利家!!
己の国を護るため、民を護るために槍を振るう利家と、
豊臣の勝ちを決して認めるわけにはいかない慶次!
決して、二度と力でねじ伏せられないためにと思う利家と、
力でねじ伏せたものは、また力でねじ伏せられるという慶次。
どちらの思いも正しくて。しかし、決して相容れない2人の対決がここに。

とにかく前半は、この2人の戦いが本当に迫力があって、
そしてその回想から切ない思いが伝わってきて。
すごく丁寧に描かれていたと思います~。
魔王信長によって焼き尽くされた国と民。
二度と繰り返さないために、慶次に押されながらも退かない利家。
一方、どうあっても豊臣の勝ちは認められない慶次。
思い起こすのは、ある女性の姿。
慶次と秀吉の因縁ですね。これから、どれくらい描かれるのか。

基本前田家ってすごくほのぼのしてるので、今回の戦いは切なかったです。
ゲームだと、利家もまつのストーリーもギャグストーリーでほっとさせてもらえるキャラなので。
そんな彼らも一国の主なので、国を背負って戦うこともあるんですよね。
なので、今回のアニメの展開はすごく新鮮に感じました~。
シリアスで切なかった分、EDのアニキの船での、釣り姿にほのぼのさせられました♪
最終的には、まつ姉ちゃんのご飯を皆で食べる、ほのぼの前田家が見られるといいなぁと思いますv
あっ、ギャグっていうと「俺は無敵ーー」な直江兼続さんも出てましたね!お約束~♪

あと、今回は前田軍を華麗に迎え撃ち、無血で降伏させようとする謙信さまの軍神っぷりに
メロメロしました~!!さすが謙信さま!!
慶次に深手を負わされて、倒れてしまった利家。
一旦退くしかない前田軍。

一方、伊達軍!!
敵を返り討ち、一人佇む筆頭ーー!!!
ああっ、筆頭無事で良かったですーー><
しかし、筆頭のまわりには倒れている伊達軍兵士達。

「WAKE UP GUYS!!」

筆頭の呼びかけで、ふらふら立ち上がる兵士達。
良かったーー><筆頭が一人になってしまっては、やりきれません。

「良くぞ生き延びた」

そんな筆頭の言葉に、筆頭ついてきますーー!!!と私が思いました(笑)(←筆頭スキーw)

奥州を何とか統べ直した今、大阪城に攻め入る!!
そして小十郎を取り戻すついでに豊臣もぶっつぶす!!
そう言っていたところに表れたのは、秀吉!!!!
一人で現れた姿を見て、大阪からずっとあのでかい図体で一人っきりで歩いてきたのかなぁと
想像してちょっとおかしく思っちゃってごめんなさいです(笑)

大阪に出向く手間が省けたぜ!!ということで、

筆頭VS秀吉ですーーー!!!

満身創痍と思われる筆頭と秀吉の対決。
どうなってしまうのか、気になります~。

一方、幸村。薩摩へ向かう道中、近江にて。
倒れた老人を助け起こす幸村にメロメロしつつ、
家臣の小山田さんの声が古谷徹さんなのにドキドキしちゃいました!!豪華ですよね♪

そんな中、安土城よりむせび泣く声が聞こえてきて。

「ごめんなさい。・・・それは市のせい・・・」

きゃーー、市きちゃいました(笑)
ということで、次週に続きます~。

生きているのか亡者なのかわかりませんが、市VS幸村?!となるのかどうか。
筆頭と秀吉の対決はどうなるのか?
次週も楽しみです~!!

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/317-7f50bcfa
 
ついに義兄弟の戦いが------------!!慶次は利家たちの元へひた走る。謙信との戦いなんて、望まない彼には、この戦いは胸が引き裂かれる想いだろうに。説得はうまくいくか?だが、利家...
 
クリックで別ウインドウ原寸大表示 前田利家率いる軍勢が越後の国境にさしかかろうとしており そのことを謙信に報告するかすが。利家達はもてる兵力すべてを 正面からぶつけてくるという事だが、それに対して謙信はある 計画をもって対応する。 一方、利家達が謙信と戦
 
「前田の勝ちは豊臣の勝ちだ、俺はそいつをどうしても 黙って見過ごすわけにはいかねぇんだ」 慶次vs利家!! そして、筆頭の前には秀吉が…! ...
 
秀吉の所業は前田慶次にとって魔王・織田信長と変わらぬもの。 そんな秀吉の掲げる覇道と、時代の趨勢に慶次は心を曇らせていた。 「戦の...
 
「そっちがその気なら、俺も力づくで止めようと思ってね!」 慶次vs利家!!火花散る戦い!! 上杉の地に前田軍が攻めてきているとの知...
 
竜の鱗ってのは剥がれないんだ、くたばるまでなっ――! 慶次の制止も虚しく、利家たちの軍勢は謙信の前に。 謙信は軍勢を加賀に向わせたと...
 
戦国BASARA弐ですが、前田利家とまつは上杉謙信に戦いを挑みます。軍神・謙信は少ない手勢で前田軍を迎えますが、本体は加賀に向かっています。前田慶次は何とか両者の激突を止めようと奔走しますが、利家と一騎打ちすることになります。 伊達政宗は何とか奥州奪還...
 
慶次 対 利家にきっと切ない思いをするんだろう…と予想してた通りだったけど 最後のあのお方のセリフに全身鳥肌が立ってしまった…。 ホラー作品じゃないハズなのに!! Naked arms/SWORD SUMMIT(初回生産限定盤)(アニメ盤)(DVD付)アーティスト: 井上秋緒,浅倉大介出版
 
もういっぺん、死んでみる・・・? …と書かずにはいられない引きでした(((゚Д゚;)))ガクガクブルブル という事でメインキャラが辛...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。