スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アニメ感想】戦国BASARA弐 第4話「安土城の亡霊!?幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」 
戦国BASARA弐 第4話「安土城の亡霊!?幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」見ました~。

今日はゲームBASARA3をやって、アニメを観て、BASARA三昧な一日でした~。
明日からゲームはしばらくお預け。次週のアニメもリアルタイムでは観れないので、
待ち受けがゲットできなくて残念です。(まぁゲットしても待ち受けに設定することはないんですが)
待ち受けは今のところ、筆頭、幸村、慶次、半兵衛でした~。
次は誰なのかな?
そして、お中元プレゼントはもうなくなってしまったんですね。残念~。
そうと知ってれば、他の人の声も聞いておけばよかったなぁと思ったり。
元就さまとか、どんなガイドをしてくれてたのか気になりますw

追記より、本日のアニメの感想です。
幸村対市がメインかと思いきや、意外なあの人が登場しました~!!



安土城の麓で夜営する幸村一行。
聞こえてくるのは、すすりなく女の声。
ということで、一人安土城へ向かった幸村。
そこにいたのは、生きているのか死んでいるのかもはや判別もつかない存在となった市と、
そして松永久秀でした~。

なんと、松永生きてました!!
大仏殿の爆破で死んだと思っていましたが、隠し通路を作っていたそうで。
てっきり、幸村対市の対決?がメインの今回と思っていましたが、
意外や意外な松永の登場で、松永がいいお声で語ってくれます。
そんな松永が手にするのは、信長(?)の頭蓋の盃。
非道の限りを尽くした魔王であっても、死者を愚弄するのは許しがたい幸村と、
人は死んだらただのモノであると松永。

「人はものではあり申さぬ!
 熱き魂は死なぬ、滾る血潮も不滅にござる」

「何であろうと大事にすれば、ものにも魂は宿りまするぞ」


熱く断言する幸村が格好良かったです~!!

しかし、頭蓋の盃を持ったまま去ろうとする松永。
止めようとするも、それを阻むのは風魔!!
あれ、風魔も生きてたんですか~!!もう、みんな生きてるってことですかwww
爆破とともに、去っていった松永と風魔。
そして、残された幸村に、市の魔の手が襲う!!
何だか、市の魔の手がパワーアップしてますね。
襲い掛かる魔の手が形作ったのは、魔王信長の姿?!
こうなると、もはや戦国なのかよくわからない状態ですが(笑)、
それでも、幸村が火焔車で撃退し、浄化された様子。
正気を取り戻した市は、やはり生きていたってことでいいんですよね(笑)
織田軍の残党が、市を迎えに来て、織田の復興を目指す模様です。

うーん、今回の市、松永、風魔の登場にはどういう意味があるんでしょうか。
今後の伏線になっているんでしょうか?また登場するのかな~。
市は、BASARA3に繋がってるような気がするんですけどはてさて。
思ったほどのアクションシーンもなかったし、ちょっと微妙でした。

一方、筆頭。
小屋で横たわってる姿が何とも痛々しいです。
以前は、武田屋敷で豪華な内掛けをかけられて休んでいましたが、
粗末な小屋に、着物に、切なくなってしまいます~。
秀吉との対決で、既に満身創痍だった筆頭は負けてしまった。
頭をつかまれて、投げられてる姿がなんとも無残です。
そんな倒れた筆頭を、折り重なってかばう伊達軍の兵士達。
その様子を見て、結局見逃した秀吉。
その秀吉が思い出すのは、若かりし日の慶次との思い出。
この人って完全な悪なわけじゃないんですよね。
わざわざ奥州まで出向いてこれでは、本当に甘いですが。
帰りは、部下と共に馬に乗って帰っていく姿を見て、一人で歩いてきたわけじゃんないだ(笑)
と、ちょっと安心しましたwww
殿をつとめた者の安否を気遣う筆頭。
そんな筆頭が素敵です!!
そして、「文七、孫」と呼びかける筆頭にときめきましたーー!!
ちょ、そんな略称で呼ばれたらときめいちゃいますって!!
包帯姿の筆頭は、やっぱり麗しかったです♪

一方の慶次は、秀吉を止めるべく大阪に向かうことを決意!!
秀吉との思い出とか、利とまつ姉ちゃんとの回想がすごく良かったです~。

そして、半兵衛と毛利が同盟の書状を交わしておりました。
緊迫感ただよう2人の会話。
時を急ぐ半兵衛を気にする毛利。
この方も、やはり鋭いです。
機が熟したからだという半兵衛。
まずは、富嶽擁する長曾我部を討とうと!!
ということで、アニキ登場です~!!
ここのアニキの登場に、かなり気分が盛り上がりました~!!
瀬戸内対決が来るんでしょうか?!

と思ったら、次回は筆頭対謙信さまのようです(笑)
筆頭スキーなので、筆頭がメインなのは嬉しいんですが、そろそろ派手なアクション、バトルが観たい!!
アニキもそろそろ観たい!!
やっぱりBASARAはぶっ飛んだアクションシーンがとっても大好きなので、
シリアスシーンも良いんですが、そろそろ観たいなぁと。
ぜひぜひお願いします~!!

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/322-0e3f2394
 
お市の呪い-------------------!?小山田の話しによると、安土城から夜な夜なお市の無念のすすり泣きが聞こえるという。・・・ホラーな話だわ(^^;)ずっとBGMのように泣き声が聞...
 
「独眼竜・伊達政宗殿は、いかような窮地にあろうとも、 たやすく討たれる武将ではござらん!!」 私たちの言葉を代弁してくれてありがとう...
 
安土城跡で今だに成仏できぬ亡霊のすすり泣きがするという。 幸村が聞いたのはお市の泣き声だったのか? 声の主を確かめに、幸村は夜の廃城...
 
その手で葬った第六天魔王。だが武人として愚弄することは許さない!!!「安土城の亡霊!?幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」あらすじは公式からです。豊臣の野望を打ち砕くため、西を目...
 
「そなたが その全霊をもって 鎮めんとしておったものは――」 安土城に足を踏み入れた幸村が見たもの… 秀吉と戦っていた筆頭は… 何とか無...
 
戦国BASARA弐ですが、真田幸村は薩摩への旅の途中で松永久秀やお市と再会します。市は涕泣、嗚咽、歔欷などで忙しいですが夏にふさわしいキャラになりつつあります。久秀は織田信長の骸骨をもてあそんでいますが、幸村は武人に対する尊敬の念を失した行為が許せませ...
 
戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]クチコミを見る 豊臣秀吉の野望を打ち砕くため、西を目指す真田幸村と真田隊の兵達。その道中、かつての織田信長の居城・安土城へと差し掛かった幸村は、まことしやかに語られる、ある噂を耳にする。無念の最期を遂げた者たちの魂が、成仏せぬ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。