スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真田ゆかりの地めぐり その3<真田編>←幸村のラッピングバスに乗ってみました♪ 
真田ゆかりの地めぐり2日目。真田編です~。

残る真田と上田を1日でまわるにあたって、時間の有効活用が必要。
特に真田の観光地は山の中で、車を使わないのであれば、各所かなり行きにくいです。
ということで、幸村のラッピングバスにも乗って、真田をさくっと観光して、
上田でゆっくり観光するために、朝一の8:16のバスに乗っていざ出発です~!



ラッピングバスは本数が少ないので、事前にHPで時刻表を確認しておくことをお勧めします~。

バス停の前では、どーんと幸村がお出迎え♪

CIMG1089.jpg

バスの方でも、「戦国BASARA弐」の放送記念乗車券が発売されています。



真田までで650円。こちらも使わずに記念にしました♪



幸村のラッピングバス登場~≧▽≦

急いで撮影(笑)
バスが出発時間ぎりぎりに来るので、あんまりゆっくり撮影する時間がありません。
今回乗ったバスは、乗車側にゲーム版の幸村、反対側にアニメ版の幸村がいました♪



反対側が撮影できなかったので、バスの中で撮影してみましたw
ラッピングバスの方は、電車のように中には特になにもありませんでした~。

今回は、まずは「ゆきむら夢工房」に行って、そこでレンタサイクルを借りて観光することに。

降りるバス停がよくわからず、「自治センター前」という所で降りたんですが、
その次のバス停が夢工房前でした~。歩いてすぐではあるんですが、やられた(笑)!



ここで、買っておいた朝ごはんを食べつつ、行き先を確認。
宝探しのヒントパネルも置いてあります♪



ヒントっていうか、そのものズバリ書いてありますがwww
こういうヒントパネルが上田駅などなど、何箇所かに設置されています。

ゆきむら夢工房では、無料で電動自転車を貸してもらえます♪
ホント真田は山の中でとにかく坂道なので、電動じゃなきゃ無理でした~!!ありがたいv
借りる時に身分証明書の提示をもとめられますので、準備しておきましょう。
(身分証を忘れても、携帯番号をお知らせすることで、貸していただけました)
で、いざ自転車置き場に行ったわけですが、この名前がすごい(笑)



全部で5台あるんですが、それぞれ真田さんの名前がついてますw(幸村、昌幸、信之などなど)
好きなの選んでください~ということだったので、幸村を選びました♪

自転車を借りていざ出発~!!



写真ではわかりにくいんですが、とにかく坂道です。
最初はバッテリーがもったいないので、自力でこごうと思いましたが、すぐに断念(笑)
今回は、真田氏歴史館と、真田氏館跡に行ったんですが、この2箇所だけであれば
坂道全部電動のバッテリーを使っても、バッテリーが切れることなく行って帰って来れます。
それ以外にも行くとなると、坂道全部は無理そうです。
真田氏歴史館まで、自転車で行き15分、帰り5分くらい。
いかに、行きののぼりが大変かってことですね(笑)
帰りは坂道をほぼ下るだけなので、すごい速さで帰って来られます~。
しかし、寒かった!!風きると特に寒くって。やっぱり山なんだなぁと実感!!
防寒対策は万全に。

真田氏歴史館に到着!!





朝早いせいか、人が全然いませんでしたw



幸村公がお出迎え~♪



六文銭がとっても綺麗!

入り口を入ってすぐのスペースは撮影可能ですが、これ以降は撮影禁止です。
こちらも、こじんまりとしたスペースでしたが、武具や、文書など見応えありました。
歴史館の案内のおじさんが、暇だったのか(笑)色々じっくり説明してくれて、面白かったです♪
昌幸、信之、幸村の手紙などもあるんですが、字体に性格が表れてるなぁとか、
武田二十四将図に、真田家から3人も入っているのはすごいよねとか、
勝頼はしゅっと男前に描かれてるのに、昌幸さんとか他の武将はひどいよね(笑)とか、
大坂夏の陣図屏風はやっぱり見応えがあって、誰がどこにいるのか見るのが楽しかったり、
小さなスペースの割には楽しめました~!!

歴史館をゆっくり堪能した後、真田氏館跡へ。







御屋敷公園という公園の中にあります~。
こちらの公園にはゴルフ場もあって、ゴルフボールを打つ音が聞こえてきました(笑)
ここでも宝箱を発見♪

これにて、帰りのバス時間もあるので、夢工房に戻って真田観光終了です~。
真田地区には他にも、色々見所があるんですが、山の中なので徒歩やバスだと難しそうです。
佐助が修行したと言われている角間渓谷も渓谷と言うだけあって、断崖絶壁の山の上の方だし。
この辺をじっくりまわるのであれば、車で行くことをおすすめします~。

ということで、再び夢工房前からバスに乗って、上田駅に戻ってきました~。

続きは真田ゆかりの地めぐり その4<上田編>へ。

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/363-cfcfdf40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。