スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【旅日記】萩観光してきました♪ 
秋芳洞のあとは、萩に向かいました~。
萩と言えば、高杉さんや桂さんの生家に、松下村塾があったりで、銀魂好きとしては
とってもウキウキしてました♪
心の中では盛大に浮かれつつ(笑)、粛々と観光してきました~。
まずは、萩城下町からスタートv



こちらは菊屋横丁の菊屋家住宅の白壁(なまこ壁)♪
菊屋家住宅は重要文化財となっていて、
この菊屋横丁も日本の道百選に認定されていて、美しい道筋となっています~。
そして、この菊屋横丁沿いに高杉晋作の生誕の地があります。


高杉晋作誕生地。来ました~!!
ここには、修学旅行生がいっぱいいて、ちょっと間をおいて入りました。
龍馬伝の伊勢谷くんがかっこいいよねvなんて話し声が聞こえたりw
うんうん、と心の中で同意w
萩に到着して、ひとまず昼ごはんを食べてその後観光しましょう♪ってことで、
どこから行く?という話をしていた時に、「まずは高杉から行きましょう」と冷静に(笑)
提案したんですが、自分が「高杉」って声に出してるだけで、無駄にドキドキしちゃったりwww
(←意識し過ぎ)



入り口を入って奥に進むと、井戸と立看板がありました♪



高杉晋作略伝。じっくり読んでみるv



庭は狭いんですが、綺麗に整えられていました♪
中に入れないのが残念。



部屋の様子。写真が飾ってあります~。

CIMG1188.jpg

龍馬にあげたピストルの模型や、手紙などなどの展示もありました。

こんな感じで、高杉さんの家は中に入れないので、見るのはあっという間でした。
でも、撮った写真を見たら、一番多かった(笑)
自分の最初の興奮っぷりが伺えますwww

 border=

次に、菊屋家住宅も見学してきました~。
普段公開していないお庭も一般公開されているってことで、とりあえず行ってみました。
枯山水のお庭が紅葉していて、とっても綺麗~v
写真はあんまり撮っていなかったんですが、
なまこ壁が続いていることからもわかるように、この菊屋家住宅はかなり広いです。
お殿様(毛利さん)の部屋があったり。
そもそもここはどんな人の家かわからないままに見学したんですが(笑)、
菊屋家は毛利輝元の萩入国に従って山口から萩に移り住んだ、呉服屋の商人で、
代々藩の御用達を勤めていたそうです。
そして、このお屋敷は度々藩の御用宅に借り上げられていたようです。

龍馬の絵付けした茶碗が特別公開されていて、ガイドの方が説明した途端に
観光客がみんな、その茶碗に食いついて見ていたのが印象的でした~(笑)
さすが、龍馬イヤーv



で、この後は木戸孝允さんの旧宅へ♪



こちらは、高杉さん宅があった菊屋横丁から通り一本(伊勢谷横丁)を挟んで、
江戸屋横丁沿いにあります。
位置関係はこんな感じ→萩城下町地図
木戸さんの家は、家の中に入って見学が可能です~。2階にも上がれます。
色んな写真が飾ってあったり、
幼少期の手習いということで、7,8歳頃の筆で書いた書があったりしたんですが、
字が上手い!!朱書きで最上級の褒め言葉が書かれていました~!!すごいなぁ!! 
幼い頃にいたずら書きをした机なんかも展示されていて、
どこに書かれているのか探してみたりw
楽しかったです~!!

ここまで見学して、次は松蔭神社の方へ移動。



境内には松下村塾があります。





塾の中。



別の角度から。

松蔭神社でおみくじをひいてみたんですが、そのおみくじが、
お金を入れると、ピコーンと機械音がして、自動販売機のようにおみくじが出てきたのには
ちょっと萎えましたwそこは、アナログでいいのに~と思ったりv
飾ってある絵馬を見てみたんですが、学問の神様ということで、
学校や試験の合格祈願の絵馬がいっぱい飾られていました~。
銀魂っぽいものは見かけなかったですw

境内には、松下村塾の他にも松陰幽囚の旧宅、
見学はしなかったんですが、吉田松陰歴史館などがあります~。
また、この近くには伊藤博文さんの別邸もあったり。

こんな感じで、萩観光♪
さらっと観光という感じでしたが、見たいところが見られて大満足でした^^

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/371-699bd7ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。