スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【コミックス感想】銀魂37巻 アニメ再開が待ち遠しいです♪ 
遅ればせながら、銀魂コミックス37巻の感想です~。

銀魂―ぎんたま― 37 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 37 (ジャンプコミックス)
(2010/12/03)
空知 英秋

商品詳細を見る

今回のコミックスは、レジェンド祭り(笑)!!
もうもう、おまけページの空知先生のレジェンド語りが、壮絶すぎて、
とにかくお疲れさま!!ありがとう!!と感謝の気持ちを伝えたいですv
こんな死地を乗り越えて、生み出されたものだったんですね~!!

アニメの再開が4月から決まったことだし、次回のコミックスではこちらに触れられるでしょうか^^

アニメ再開に伴って、いろいろイベントなども開催されるようで♪
銀魂桜祭り2011(仮)のサイトもオープンしたようです~。
チケットの先行発売は、12/13(月)から。今回は昼の部と夜の部があるようですね。
すっごく行きたい!!
でもでも、仕事かなぁ~。今のプロジェクトがいつまでになることやら。
ちょうど4月までかもしれないし、2月くらいで区切りがつくかもしれないし、微妙なところで><
チケットを申し込もうか、悩み中です。申し込んでも、当選するかもわからないんですけどね(笑)

それから、今日のサキよみジャンBANGは銀魂特集ということで、はりきって予約してみたんですが、
うん・・・、これアッキーナとアメザリの大江戸温泉巡りだよね、、、
銀魂成分少なっ!って感じでした^^;
あっ、最後の空知先生直筆の銀さんの色紙を拝めたのが満足でした!!(うん、それだけかなw)

とういうことで、追記よりコミックス感想です~。
拍手を押してくださった皆様、ありがとうございました^^元気をいただいています♪



<表紙>

表紙は、2年後編の万事屋~v
まさか、これが表紙に来ちゃうとはw
コミックス派の方は、驚かれたんじゃないでしょうか~。
っていうか、ヤムチャな銀さんにジャンプを読んだときには、ものすっごく違和感を覚えてたんですが、
何だかだんだん見慣れてきたっていうw
神楽さんは、安心の可愛さですね♪
新八くんは、表紙に載って良かったね!

コミックスの折り返しの作者コメントから、坊主の本田氏について語られています(笑)
この坊主の裏には、壮絶な戦いがあったことが、おまけページで明らかになるとはwww

<おまけページ>

ということで、爆笑のおまけページ!銀魂コミックスの、この直筆コメントがいつも楽しみでw
今回は、いつもよりページ数が多かった気がしますw
それだけ、この壮絶な真実を語らずにはいられなかったってことでしょうか~!!
コミックス収録のカニ様の話と同時に描かれていたレジェンドな読みきり漫画!!
初めはレジェンド企画ではなかったそうで、いつのまにか集まりが悪いからということで、
レジェンド企画にすりかわっていたとのこと。
週刊連載を抱えながら、読みきりも描くってどれだけ大変なのか、
あまり意識していませんでしたが、もうもう、その壮絶な光景が空知節で伝わってきました~。
巫女さんをラブホに連れ込むとか、100キロのカツラを脱ぎ捨てるとか、
相変わらず例えが面白くってしょうがないんですが(笑)、
じっと座ってられず、立ったまま描いていたり、そのまま足が震えだしたり、叫びたくなったり、、、
極限の状態!!!
これは相当なストレス!!!
それに打ち勝った、チーム空知におめでとう!!と言いたいです!!
銀魂も読みきりもどっちも大好きですから!!
銀魂、ちょっと短かったなぁなんて言ってごめんなさい(笑)
ネームにぎりぎりまでしつこくしがみつく才能!!
きっと空知先生は、時間があったらあった分だけ、そこに時間をかけて
良い作品を生み出そうとすればするほど、そんな極限の状態になっちゃうんだろうなぁと思います。
それだけ、練って練って練りまくった作品だからこそ、毎回予想もつかない展開で
毎回驚かせて、楽しませてくれるんだろうなぁと思います!!
改めて、お疲れ様でした!!そして、楽しい作品をありがとうございます!!
空知先生は、私の中で間違いなくレジェンド入りですので!!
これからも、銀魂と新作、両方とも楽しみにしています(笑)

<本編>

本編は、めがねなさっちゃん編に、将ちゃんのプール編に、2年後編、
そしてカニ様編が収録されてます~。
めがねなさっちゃんは、さっちゃんメインで、さっちゃんが可愛くって、
感動話にしても全然良いのに、ギャグモードに振り切れてたり、
プール編は、女性陣の水着姿にキャッキャと喜びつつ、後半は下ネタ祭りだったり(←アニメどうするw?)
2年後編は、これは衝撃的でしたよね≧▽≦
神楽さんに、九ちゃん、ヅラ子さん、バカイザーに、ジミー山崎の容姿の変貌にテンションあがったり、
近藤さんの夢の幸せに喜んだり(笑)、
2年後編の完結編の感想は、当時書けてないんですが、
私的に一番萌えたのは、しおらしいバカイザーにすっかり惑わされてる土方さんでした(笑)
(やっぱり総ちゃん大事な土方さんw)
カニ様の話は、レジェンドの裏側を知ってから読むと、感動がひとしおだったり(笑)、
(っていうか、後編の練り上がり度が半端ないっ)
やっぱり、ラピュタ好きですね~と思ったり、
37巻も色々てんこ盛りな内容でした♪

以下ジャンプ読後時の感想です~。(リンクがないものは当時の感想なしです)

・第319訓 Z~~~~
・第320訓 滅殺VS必殺
・第321訓 メガネじゃ見えないものがある
・第322訓 二度あることは三度ある
・第323訓 プールといったらポロリ
・第324訓 夏休みあけは皆ちょっと大人に見える
・第325訓 冬休みあけも皆けっこう大人に見える
・第326訓 GWあけも見えるちゃ見える
・第327訓 ロウソクってちょっとドキドキするよね
・第328訓 カニのハサミは絆を断つハサミ

以上、コミックス37巻の感想でした♪
レジェンドな読みきりも掲載される次巻は、2月発売予定ですv

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/383-2aaa99e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。