スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】銀魂 第260訓 「大切な荷ほど重く背負い難い」  
銀魂 第260訓 「大切な荷ほど重く背負い難い」 読みました!!

いや、もう、、、ホントここ最近はタイトルを見るだけでヤバイんですが!!

ううーー、胸が苦しいですーー><
1ページ目から、松陽先生と仔銀ちゃんが・・・。
先週だけで、松陽先生の出番は終わりかなぁと思ってたので、
もう初っ端から心臓ドキドキでした・・・!!!

敵意むき出しの銀さん語りかける松陽先生・・・!!!

「他人におびえ自分を護るためだけにふるう剣なんてもう捨てちゃいなさい」
 
「くれてあげますよ 私の剣 剣の本当の使い方をしりたきゃ付いてくるといい
 これからは剣をふるい 敵を斬るためではない 弱き己を斬るために」 

「己を護るのではない 己の魂を護るために」

銀さんの根底にあるのは、やっぱり松陽先生の教えなんですよね・・・!!

銀さんと地雷亜の戦いが、半端ないです!!
アクションの描写が凄まじい!!その動きで表情で本当に迫力が伝わってきて!!
(最後の頭突きのシーンで、幽白のナイフエッジ・デスマッチを思い出してしまった自分が、心底恨めしいです・・・;;)

「てめーは背負う苦しみからも 背負われる苦しみからも逃げた ただの臆病者だ」

「臆病者の相手は 臆病者で充分だ」

「てめーの相手は この俺で充分だ」

うわぁぁぁぁん>< 銀さぁぁぁぁん!!!!
もう、銀さん自分のことを臆病者とか、、、そんな風に言われると胸が締め付けられます><
銀さんは、新八くんと神楽ちゃんっていう大事な荷物を抱えてるじゃないですか!!
新八くんと神楽ちゃんだけじゃなく、月詠さんだって、他のみんなだって・・・!!
過去の自分?と地雷亜を重ねてるような言いように、切なくなってしまいます・・・><

攘夷時代、手元からすべり落ちてしまって、護りきれなくって、
こんなもん持たねぇと何度思ったかもしれない、、
いっそ捨てちまえば楽になると思ったかもしれない、、、
でもでもでも・・・!!!

いつの間にか背負いこんでた
荷物(あいつら)がいねーと、歩いててもあんま面白くなくなっちまった

しっかり背負っていますよね、、、銀さん!!!

「荷ごと弟子背負う背中があるかぁぁぁぁ!!!」

松陽先生に背負われた仔銀ちゃんが可愛くって、切なくって、、、もうたまりません・・・・!!

先週に引き続き、一言一言がもう胸に突き刺さって、切なくなってきて。。。

銀さんを後ろから狙う地雷亜に、クナイを撃つ月詠さん・・・・!!!
月詠さんに師匠(とは呼べないですが)の死(まだわかりませんが・・・)を背負わせるのも、
何だかすごく切ないです><

次回、地雷亜の独白?とかで、少しは救われる言葉が聞けたりするのでしょうか・・・?
切なさにだんだん耐え切れなくなってきたので、そろそろ希望のある明るい展開を期待しつつ、
次回も楽しみです!!!


 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/44-ef6aa278

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。