スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【コミックス感想】青の祓魔師 7巻 
青の祓魔師7巻読みました~♪

青の祓魔師 7 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 7 (ジャンプコミックス)
(2011/09/02)
加藤 和恵

商品詳細を見る

京都篇!!7巻では事態も色々展開して、燃えに燃えましたーー!!
盛り上がりの展開の中、友情に、親子の絆に泣かされて。

青エク、面白いですーー!!

というとで、読み応えばっちりの7巻の感想は追記から。



初版100万部という、大プッシュな青の祓魔師。
アニメを見て原作を読み出して、すっかり原作にはまった今日この頃。
アニメがオリジナル展開に突入してしまって、私的にはちょっと微妙な気分(笑)になっていたのもあって、
7巻の発売を楽しみにしていました~!!
コミックスに収録されている最後の話は、雑誌で読んでしまっていたんですが、
その他の話は未読だったので、先の展開にドキドキしつつ読みました~!!
やっぱり、通して読むといいですね!!
京都篇も、いよいよクライマックスに向けて事態も動いてきました~。
王道少年漫画!!な展開はすごく好きだし、
ストレートな言葉、そしてはっとさせられる表情の描写などにすごく心動かされます!!
最後の話は、やっぱり泣けた。

<表紙>
子猫丸可愛い~≧▽≦
この子猫さんの可愛さは反則です!!
子猫丸が表紙じゃ売れないんじゃ(笑)、なんて心配されてましたが、
全然無問題だと思います!!
しかも、今回は中のカラーもいつもと違って、
いつもは表紙と同じ全身像バージョンが収録されてるんですが、
今回は、表情がちょっと変わってました♪
目を細めた子猫さんがまた可愛いです!!
目次の、クロにねこじゃらししてる子猫さんも可愛いし、
シリアス展開な本編の中、癒されます~^^

カバーを外した表紙は、私服の子猫丸だったり、柔兄に高い高いされる子猫丸(笑)
裏にも、4コマ形式でやっぱり身長ネタだったりして、楽しいです~v

<本編>
・第24話 空虚の剣
獅郎パパと和尚(おっさま)の出会いが明かされたわけですが、
2人のおっさんに燃えさせていただきました!!
山賊呼ばわりされる獅郎さん(笑)は、ちょっと若くてやんちゃは感じ♪
そして、すっごく燃えたのが、達磨さんと虎子さん夫婦!!
「とら゛ごお゛お゛」って、いやいや可愛すぎるから!!なにこの夫婦!!可愛すぎます!!
赤ちゃんを産めるんやねとほろほろ泣く虎子さんとほんまに良かった!!と言うおっさま。
そんな愛情たっぷりの夫婦の子供の坊は、良い子に育つはずです♪
獅郎さんにより、病に侵される虎子さんや寺のみんなを救われたおっさま。
中身が空っぽのご本尊である降魔剣を、掟に従って拝むのは止めた!!
戦う決意を固め、降魔剣を獅郎さんに託します。
そして、一番燃えたのが、降魔剣を渡された獅郎さんが、
俺はこれで子供を殺すぞと言うのに対し、
きみはきっと殺さへんと。
ここで、獅郎さんと燐の触れ合いがぶわっと思い出されて、
「お父さん」だった獅郎さんが思い出されて、ほろりときちゃいました~。
「これで仲直りだ!」な獅郎さんは、燐っぽいなぁと思ったりv

・第25話 不浄王
ついに、不浄王が復活!!
迦楼羅を使役して、戦うおっさまがかっこいい~!!
蝮を気遣い、柔兄に託すおっさま。
藤堂の狙いは、不浄王を復活させ、おっさまをひっぱり出し、
その使い魔である迦楼羅を喰らうことだった!!

一方、おっさまから燐に託された手紙の最後には、
燐に降魔剣を使って、不浄王を倒して欲しいと。
助けたいと、何かの役に立つなら戦いたいという燐ですが、
降魔剣が抜けなくて。
剣を抜くのが怖い、また我を忘れてしまうかもしれない、誰かを傷つけるかもしれない。
シュラさんに指摘されてしまった燐。
自信をなくした燐が心配です。

・第26話 こころのひ
独居房に現れたメフィストさん!!何だかお久しぶり~(笑)
燐の処刑が決まったことが告げられる!!
それでも、意味深なプレゼントを置いて去っていったり、
何を考えてるのか読めません。
ストレスが相当たまってきている雪男が気になりつつ、
やっぱり、この話でついに燐と塾生メンバーが今までのもやもやを吹き飛ばして
仲直り~なのがホント良かった!!
表だって動けないシュラさんから、燐を助け出してくれないかと頼まれる塾生達。
全てはお前達の判断に任せると。
スッと一番に動き出す坊がかっこいいし、
きっと後悔するからと続く子猫さんに、
めんどくさーな志摩君に(笑)
みんなが助けてきてくれた一方で、死んだほうがいいのかもしれないと悩む燐。
自分は化け物だ、と涙を流す燐を、怖くないよと抱きしめるしえみちゃん!!
わーん、このシーンはすごく良かった。
燐、ホント良かったねと思いました!!
舞台と役者が揃ったところで、

「倒すは不浄王や!!!!」

王道展開ーー!!盛り上がりますーー≧▽≦

あと、重症の蝮を抱えて、女やぞと怒りを顕にしてる柔兄に燃えました♪
幼馴染ばんざい!!

・第27話 決戦!金剛深山
そして、クライマックスきましたーー!!
不浄王を倒すため、おっさまを捜しに行く塾生達。
見つけた、おっさまは既に重症で。
不浄王の弱点と、そしておっさまが護り続けてきた秘密。
ぼろぼろの状態で、結界をはりにいくというおっさま。
全ては、自分の代で柵を終わらせるため。命をかけて、息子を巻き込ませないため。
ずっと一人で背負ってきたおっさま。
それに対して、「自分も背負う」と坊!!
息子を思う父と、父を思う息子!!
ずっと坊はおっさまの背中をみてきたんですよね~。
この辺で、すでにうるうるきていたんですが、
最後、ふがいない親父を許したってやなおっさまに

「俺は和尚(おとん)の詠む経が好きやった」

この坊の表情に涙腺決壊です!!
わーん、もうもうこの親子にやられました!!
(後ろの燐の表情もいい!!)

こうして、勝呂親子も和解してほっとしたところで、、、
雪男ーー!!!
藤堂と出会ってしまって、どうなっちゃうの?
で、次回に続きます~。
続きは今月のSQで読めるよってことで、買ってきて読んじゃいました(笑)
京都篇大盛り上がりで次回に続きます。

ということで、7巻面白かったです!!
盛り上がって、泣かされて。
続きも楽しみです~!!

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/487-f2a3f2cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。