スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】銀魂第398訓 「二匹の鬼」 
銀魂第398訓 「二匹の鬼」読みました~!!

もう、このタイトルだけでもドキドキしちゃっていたんですが、

あのお方がきたーー!!!

今回も怒涛の展開でした~!!

それから、拍手を押してくださった皆様ありがとうございました♪
更新の励みになっています。過去の記事にもありがとうございます。



今週のジャンプ。西の地域では金曜日くらいに発売されていたみたいですね。
こっちでも売ってるかとコンビニをのぞきましたが、売っておらず
月曜日の通常発売でした~。いやもう、待ちわびてましたよ!!
とりあえず、タイトルだけ他のサイト様で見ちゃったのですが、
妄想を膨らませつつ、楽しみに待ってました!!

そしたら、あのお方が来ちゃいましたよーー!!!

まずは、病室のさぶちゃんから。
やっぱりかなり無理していたのかな。
髪がもっさりなさぶちゃんに、ちょっとときめきつつ
そこには、一橋派と思われる幕府の役人が。
これで、一橋派、喜々様の天下も堅いと喜んでいますが、
さぶちゃんにとっては一橋派に変わろうが、そんなことは問題ではなくて。

病室に現れた、フェアリー(笑)局長&副長。
肩にフェアリーってwww

「なァに なにせ未来の警察長官殿だ 今からゴマすっとくに越したことはねェだろ」

この副長が激しくかっこよかったんですが、
私的には、花を背負ってる局長&副長のコマに釘付けでした(笑)
まさか銀魂で花背負ってるコマが見られるとはねw
私にとっては、2人とも癒し系なフェアリーでもありますw
あっ、5月5日は土方さんの誕生日♪
おめでとうございました~!!
たまたまその日はケーキを食べたんですが、心の中ではもちろん副長のお祝いをしていましたよ♪
それはさておき、悪政を正すためなら喜んで利用もされる、と言う近藤さんに対し、
今回の件は、予想できなかった事態だという、さぶちゃん。

「たかが一介の浪人のために 一国の主君が地位を捨てるまで心動かされるとは」

「たかが一本の腐れ縁のために 忠誠も知らぬバラバラの山猿が剣をとろうとは」


今までの一国傾城篇のシーンが思い出されて、思わずジーンときてしまいました。

天道衆をさしおき将軍の首をさし替えた所で、世が変わるなどという甘い考えは持ち合わせていないと。
私がつき合ったのはもっと馬鹿げた大法螺だと。
そして、大法螺と言えばね!!!

高杉さん登場ーーー!!!

定々をぶすりと突き刺したのは、奈落の格好をした高杉さん!!

「いずれ天道衆…ふざけた烏ども…いや」
「世界の首ひっさげて 地獄へ行くからよォ」
「先生に よろしくな」


くしくも、銀さんと同じように地獄で待ってろよと、
先生によろしくなと。
止めを刺さなかった銀さんと、止めを刺す高杉さん。
先生への根底への思いは同じなんだろうなと思うと切なくなったり。

朧の口からも、真なる敵は松陽の弟子達だと語られて。
天導衆にとって、松陽先生、そしてその弟子である銀さんたちの存在ってかなり大きな存在として
扱われていますが、銀さんたちは攘夷戦争時代に伝説とまでうたわれて、
大きな力を発揮していたと思われますが、
先生は生前どんなことをしていたのか、すごく気になります。

そして、信女ちゃん。
かつては天道衆に仕え、幼くして奈落三羽に数えられたとのことで。
先生のことも知っているようで、いったいどんな交流があったのか気になります!!
信女ちゃんと先生につながりがあったなんて夢にも思わず、
いやはや毎度驚かされっぱなしです!!
信女ちゃん、年齢的に総悟君より年下なイメージだったんですが、
先生のことを知ってるとなると、もっと年上?とかわかならくなってきました!!
二十歳越えてたりするのかなぁ。
そして、異三郎があの男の大法螺に付き合うと言ったから、私も付き合うだけ、と
奈落を抜けて、さぶちゃんと一緒にいるようになった経緯も俄然気になります!!

「似ていたか あの弟子達(ふたり)は 松陽に」と言う朧に対し、
「似てない」と信女ちゃん。

「一人は 松陽が残したものを護ろうとしていた」
「一人は 松陽が残したものを壊そうとしていた」
「でも 同じだった」

「二人とも 悲しい目をしてた」


すれ違う、銀さんと高杉さん!!!

うわーん、もうもう切なくなります。ちらっと見る銀さんの表情とかね。なにを思うのか。
決して交わることのない2人。

紅桜篇の時に、
「次会うときは仲間もクソも関係ねェ全力でてめーをぶった切る!!」と宣言していましたが、
2人の決着は、もうしばらく先になりそうですね。

一国傾城篇もそろそろ終わりでしょうか。
次回は、鈴蘭さんと爺やの再会がみられるかな。
松陽先生の弟子達ってことで、すごく桂さんに会いたいんですが!!
どこでスタンバッてるんですか(笑)?
あっ、シリアスな感じじゃなく、ひとまずグダグダな感じでお願いします(笑)!!

ということで、そろそろグダグダ日常生活話が恋しくなりつつ、
次回も楽しみです!!

 
#
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/553-98f44a6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。