スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】銀魂第399訓 「沈まぬ月」 
銀魂第399訓 「沈まぬ月」読みました~。

一国傾城篇、完結です。

最後、やっぱり泣かされました!!



満月の夜、吉原で交わされた1つの約束。
そんな2人のシーンから始まった、一国傾城篇。
まさか、真選組に、見廻組に、将軍様に、
果ては天導衆、松陽先生に、高杉さんまで出てくるとは思いもよらず、
ホント予想外でした~!!
こんなに濃い展開になるとは。毎回ドキドキさせられっぱなしの展開でした。
銀魂の政治的世界観を再認識しつつ、
色々混乱中なので、コミックスで通してじっくり読み返したいなぁと思います。

吉原にて。
定々が暗殺されたこと、そして公には病死で片付けられたことを銀さんに語る総悟君。
総悟くん、っていうか真選組が吉原にくるのは初めてのことですね!!
月詠さんとも今回関わりを持ったし、吉原と真選組、神威と総悟君が遭遇することも、
今後あるかもしれない!!と期待してみたりv
それはさておき、定々暗殺の下手人は見つからず、
これは一橋から天導衆への宣戦布告ではないかと総悟君。
天子様から勅命が下り、将軍様の辞意が取り消されたとの事。
将ちゃんの辞意が取り消されて、素直に喜ぶ新八君と神楽ちゃんが可愛かったです♪
茂々様は暫定政権としてつなぎ止められたに過ぎないと語る総悟君は、
さすが真選組にいて隊長やってるだけはあって、色々わかっているなぁと。
銀さんと2人で話すときは、結構大人な総悟君だなぁと思ったりします。
近藤さん&土方さんといる時は、子供ポジションな総悟君。
前回のさぶちゃんの病院へは、なんで2人にはぶられていたのかなぁと思ったり(笑)

しかし、銀さんが気になるのはやっぱり爺やのことで。
そんな状況下の元、城は厳戒態勢。出入禁止。爺やの体ももちそうにもない。

「なんつーか 俺達ゃ一体 何のために戦ったんでしょーね」

本当にこの言葉が切なく響きます。

鈴蘭太夫のたった1つの願いをかなえる。そのために。
銀さんは約束を護るんです!!
イイ男ってのは、必ず約束を護るもの!!

「缶蹴りする人この指と~ま~れ」

一国傾城篇の序盤でも出てきた缶蹴り。
あの時は、見事に将ちゃんにクリーンヒットして「将軍かよォォォォォ!!!」と
笑わせてもらったわけですが、今回はジーンときちゃいました~><
真撰組に将ちゃんにそよ姫様に、みんなが一斉に出てくるところには、やっぱり盛り上がった!!

「じゃあこの人数でじゃんけんするのもあれ何で鬼は土方さんって事で」
「ふざけんなこの人数だぞ!!100%いじめみたいになんだろーが!!!」


この2人のやり取りが、いつも通りの通常運転でやっぱり楽しかったです!!
安定した総悟君の土方さんイジメ(笑)

「さっさと缶拾ってきて。 多分吉原くらいまで行ってると思うけど。」

粋な計らいをする信女ちゃん。
銀さんに影響されちゃってるのかな。
さぶちゃんはどんな風に思ってるんでしょうかね~。

桜舞い散る中、若い姿で逢瀬を果たす、鈴蘭太夫と舞蔵さんがとっても綺麗で。
最後の2人のシーンは、映画のように再生されて、2人の言葉がジーンと染みわたりました。

2人の再会を期待していて、最後は泣かされちゃうんだろうなぁと思っていましたが、
身構えていたけど、やっぱり泣かされちゃうっていう。

ということで、一国傾城篇、完結です~。
色々動いた今回の長編。
今後の展開が気になります。
そして、ぜひともアニメで見たいです!!来年くらいに見れたらいいなぁ!!

そんなことを期待しつつ、次週は日常ぐだぐだ話をお待ちしています♪

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/555-4eecd272

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。