スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】黒子のバスケ 第181Q「差し出そう」 
黒子のバスケ 第181Q「差し出そう」読みました~。

毎週楽しみすぎる秀徳VS洛山戦!!前半、

真ちゃあああああん!!!

と緑間君に燃え滾り、後半、

赤司くん?!

と赤司君に驚いた(笑)!!



高尾君との連携プレーの3P。
緑間君がここまで温存していたのはなぜかということで、
黒子くんによる解説。
帝光時代、キセキの世代は練習中に力を全開にすることは禁止されていたと。
その大きすぎる力に体がまだ追いついていなかったため。
試合中解放できる時間も今よりずっと短かった。
そのため全員お互いの手の内こそ知ってはいても
直接本気で戦ったことはなかったと。
ということで、緑間君が赤司君の天帝の眼(エンペラーアイ)を体感したのも今回が初めてだったと。
そしてやはり賭けに出なければ勝てないと悟ったということで、
命中精度は著しく下がるけれども、とっておきの技を出さざるを得なくなったということで。
あっ、木吉先輩がさらっと「天帝の眼(エンペラーアイ)」って言ってましたが、
この能力名はみんなの共通言語なんですね(笑)

緑間君の想定外の攻撃に顔色が変わる赤司くん。
そして、OFだけじゃない、DFもすごい緑間君が赤司君のマークにつくわけですが、
(アニメの合宿の回をちょうど見返していたんですが、
ディフェンスもすごいって火神君が言ってましたね♪)

「僕の命令は絶対だ」

ということで、またもアンクルブレイクで転倒させられてしまう緑間君。
(赤司君のこの台詞もかなりすごいと思うんですが、頭が高いとかで慣れてきて、
もはやこれくらいは普通に受け入れてしまうっていうw)

でも、前回転倒させられた時とは違うんです!!

…まだだ!諦めるな…!倒れることなど何も恥ではない……!
そこから起き上がらないことこそ恥…!


真ちゃあああああん!!!

そこにあるのは、まさに不撓不屈の精神!!
泥臭くもくらいつく!!熱いよ真ちゃん!!
緑間君ってそのシュートの正確無比さと言い、
行動ひとつとってもすごく洗練されたプレイをするイメージなので、
そんな緑間君の熱いプレーには燃えずにはいられません!!

赤司君は緑間君のブロックを交わすため、シュートから瞬時にパスに切り替えるわけですが、
根武谷さんのシュートをブロックする大坪先輩!!
おおーっ、さすが主将!!東京屈指のセンターの実力を勝負どころで発揮するのはさすがです!!

「やっぱ大坪サン・・・サイコ―っすわ!!」

高尾君がパスを受け取り、そしてさらに緑間君へ空中パス!!そして3Pが決まるーー!!

いつもの高尾君も戻ってきましたね!!
ホークアイなノールックパス、かっこいいです!!大好きです!!(←)
通常の3Pでもいい場面で、強気の攻撃!!
今までだったら、確率の極端に低いこのシュートを撃つようなことがなかったかもしれない。
でも、ここでのこの賭けであるこの大技で点を取ることで、
チームはすごく盛り上がる!!
さらに、オールコートでディフェンス!!
まさに秀徳、波にのってきたーー!!
(秀徳の監督、久々に登場~♪黒バスってあまり監督の作戦とか指示とかでてこないですよね)

真ちゃんがかっこよくって、秀徳のチームが熱くって
いやもう、今回、ここまででもかなりおなか一杯な感じではあったんですが、
やはり、秀徳ターンでは終わらせてくれないわけで。

赤司くんが自殺点!!

「…だがもし負けたら好きなだけ僕を非難しろ 敗因は僕の今のゴールだ 
 全責任を負って速やかに退部する …そして罪を償う証として」


「両の眼をくり抜いてお前達に差し出そう」

?!
またしても、赤司くんの名言(迷言)きたーー(笑)

そして、こんな危険すぎる発言を瞳孔開いた表情で言った後の、

「お前達がいて 負けるはずがない」

穏やかな表情でのこの発言!!!

これで鼓舞され顔つきが変わる、洛山メンバー!!!

いやいやいや、洛山のみなさん、これおかしいから(笑)
高尾くんがすごく真っ当なリアクションをしてくれてましたが、
赤司くんのこの2つの言葉、落差ありすぎです!!
色々振り切れすぎてて、もはや楽しくなってくるんですが(笑)、
赤司くん、1年生なんですよね。2年、3年の先輩達がこれで鼓舞されるってどうなのw
無冠の五将、もうちょっと頑張れ!!
まぁ、それだけ赤司君の支配力が及んでいるのか。
しかし、赤司くん、ハサミを振りかざし、親でも殺す発言をし、頭が高いに、
両目をくり抜いて差し出すに、ホント危ない子以外の何者でもないんですが(笑)
中学時代、始めからこうだったわけではないんですよね?
本性とは一番遠いところにあるってファンブックにありましたが、
赤司君のこの行動が理解できる日がくるんでしょうか(笑)
まぁそこは、やっぱり黒子君との対決で過去が明らかになると思うので、
楽しみに待ちたいと思いますが、過去話のハードルがどんどん上がります(笑)!!
ちゃんと納得できるエピソードを期待してます!!

しかし、赤司くんにとって失敗、敗北イコール即退部なんですね。
昔、強制退部させられたらしい灰崎くんを思い出して、ご愁傷様って気分になったり(笑)
そして、黒子君も中学時代、あることがきっかけで、そして赤司君に何か言われて
結局退部してしまったわけですが、退部に追い込む何かがあるのかなと思ったり。

そして最後。

「宣言しよう お前はもうボールに触れることすらできない」

「なん…だと…!?」


ということで、赤司くんの不吉な宣言のもと次回へ。
秀徳は、緑間君がシュートを決められなければ、点を取れないわけで、
ホントに全くボールに触れない展開がきちゃうのかと思うと恐ろしいわけですが、
試合も残りわずか。心して見届けたいと思います!!
しかし、秀徳サイドではひたすら燃えさせられ、洛山ってか赤司くんには毎回驚かされて(笑)
この振り幅の大きさがすごくすごく楽しいです♪

 
#
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/604-ccfb0a8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。