スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】黒子のバスケ 第184Q「先手必勝!」 
黒子のバスケ 第184Q「先手必勝!」読みました~!!

誠凛VS海常、いよいよ試合開始です!!



まずは、帝光時代の回想から。

いきなり帝光時代の赤司くんのコマから始まって、テンション上がった!!
しかし、この赤司くんは落ち着いたキャプテンって感じで、
とても前回まで頭が高いとか、両目を差し出すとか言ってたひとと同じ人物とは思えませんw
赤司くんの過去が気になる!!と毎度中学時代が出てくるたびに思っちゃうっていう。
それはさておき、中2の時点で赤司くんがキャプテンなんですね~。
いつからキャプテンなんでしょう~。さすがに中1からとかはないと思うんですが、
洛山では1年にしてチームを統率してますからね。
なにがあってもおかしくない、それが赤司くん!!

赤司くんからスタメンの発表。初めて黄瀬くんがメンバーに選ばれた瞬間なんですね♪
素直に無邪気に喜ぶ黄瀬くんは可愛いなぁ!!青峰くんも、緑間くんも、ムッ君も
温かく迎え入れてる雰囲気がすっごくいい!!
この後、スタメンの下っ端でダメ出しされまくりな黄瀬くんではありますが、
みんな認めてるんだよね♪
そして、そんな中の黒子っちの表情です~。
チームメートであり、そしてスタメンを目指すライバルでもあるわけですから。
才能が違うとわかっていても、悔しいもんは悔しいよね。
黄瀬くんは黒子っちのおかげって他意なく言ってるんでしょうけど、
素直に受け止められるわけもなく。
こうして、黄瀬くんにはばっさりな黒子くんって構図ができあがったわけですね~。

試合に戻って、挨拶を交わす笠松先輩と日向先輩。
日向先輩を認めつつ、闘争心むき出しな笠松先輩がいいです~。
笠松先輩に森山先輩に小堀先輩に、海常の3年生の先輩達はこの大会が最後の試合なんですよね。
引退かと思うとやっぱり応援してあげたくもなってしまう。
そして、誠凛と海常の残念なイケメンの先輩が光ってました♪

「今感じてるのは裏表のない 気持ちのいい闘志だけだ」
「……と(ど)うしてかな?」


KI・TA・KO・RE!

伊月先輩のキャラソンを聴いて以来、じわじわ伊月先輩のダジャレ中毒になりつつありますw
伊月先輩、残念!!でもそこが素敵です!!
そして、伊月先輩に木吉先輩がツッコミを入れるっていうw
天然ボケ男なボケの宝庫な木吉先輩がツッコミを入れるっていう、
なかなか貴重なシーンでございました(笑)
そして、残念なイケメンと言えば森山先輩!!
漫画ではそうでもない気がしますが、小説とゲームの中での扱いが残念なオチ要員で(笑)
でも、今回の森山先輩は残念じゃなかった!!

「やる気? バカ言え この日をどれだけ待ち望んだと思ってる」
「ありすぎて さっきから女子が目に入らん」


きゃほーい、森山先輩かっこいいっス≧▽≦

ということで、盛り上がってきたところで両チーム、整列~!!

創部2年目 WC初出場にして並みいる強豪を連続撃破!
下剋上を続ける 今大会の台風の目!!奇跡の新星 誠凜高校!!


伝統の青を背負う激戦区神奈川から全国常連の猛者
攻守のスキのなさに「キセキの世代」黄瀬涼太を加えた 超万能型チーム
青の精鋭 海常高校!!


学校紹介キターー≧▽≦
盛り上がりますーー!!
しかし、これは誰の発言なんでしょう?実況のひととかいるんだっけ(笑)
観客だとしたら、実にノリのいい観客のみなさんですw

ちなみに他の高校はこんな感じ。

不撓不屈の魂で11年連続出場の古豪 歴戦の王者 秀徳高校!!

最古にして最強の王 開闢の帝王洛山高校!!

新鋭の暴君、桐皇学園!!

絶対防御(イージスの楯)陽泉高校!!

チームをそしてキセキのメンバーを良く表している気がします♪
青の精鋭もかっこいいけど、モデル(笑)なイケメン黄瀬くんを擁してる海常なので、
帝王とか暴君とかに対抗して「貴公子」くらい入ってても良かったかもしれないとか思ったり(笑)
(はい、戯言ですw)

「オレやっぱバスケが好きっスわ それこそオレのすべてを懸けられるぐらいに」
「だから もう絶対負けねー」


火神っちに宣言する黄瀬くん、かっこいい!!
タメ口、タメ口♪

「僕は 黄瀬君のことが嫌いでした」

黒子っち!!
アニメで「僕はあの頃バスケが嫌いだった」と言っていたのと同じトーンで、
するっと脳内再生されました~!!
でも、それはいい意味で。

「才能が違うということはわかっています…それでも
 僕は 悔しかったし 負けたくないと思いました」

「つまり僕は… 一方的ですが あの時からずっと
 黄瀬君のことを 好敵手(ライバル)だと思ってきました」


黒子っちーー≧▽≦
回想からここにつながるわけですね!!
尊敬する相手、認めた相手には「~っち」をつける黄瀬くんですが、
黒子っちもまた黄瀬くんを好敵手としてずっと見てきたというわけで!!
これは燃えますーー!!
黄瀬くん、黒子っちにちゃんと認められていて良かったね。
そして、黒子くんがこんな風にライバル発言できるようになったのも、
誠凛に入って、自分のバスケをキセキの世代に認めさせたいという気持ちから、
純粋にこのチームで日本一になりたいと思うようになったからこそだとも思うわけで、
胸熱くなります!!

熱くなったところで、試合開始!!

誠凛の作戦は、「先手必勝!開始から攻めまくれ!」とのことで、
黄瀬君が完全無欠の模倣を使ってくるであろう終盤までに
相手が挽回不可能な差をつける!!というもの。

黒子くんの「消えるドライブ」、「幻影のシュート」の必殺技2連発で誠凛先制~!!

しかし、黄瀬くん完全無欠の模倣を発動!!

「試合前に火神っちが言ってたことで 一つだけ心外があったんスわ
 誰がいつ丸くなったって?」


緑間くんのオールコートレンジの3Pシュートですかさず逆転!!

両チーム、初っ端から必殺技でガンガン飛ばしてきました~!!
ということで次回に続きます。

最後の黄瀬くん、かっこいい!!と思いつつ、
それより先に思ったのは、緑間くんの技が・・・(ホロリ)と思ったり。
ミドリンスキーとしては、それこそ人事を尽くして作り上げてきた技が
コピーされちゃったかと思うと切なくなりますです。
撃てる弾数とか精度とかがきっと全然違うんだよ!!とか
真ちゃんには高尾くんとのコンビプレーもあるしね、とか思ったりもしつつ、
何とも言えん気持ちになります。
まぁ、キセキの技の中でも緑間くんの技は破壊力抜群で、使い勝手が良いですからね~。
しかし、最初から黄瀬くんがパーフェクトコピーを使ってきたのは予想外でした♪
足の怪我もあるし、体力が万全のうちに先手必勝で海常も差をつけようって作戦なのかな?
黄瀬くんのパーフェクトコピーで赤司くんの技もコピーできてるのかは気になるところです。
あとは、黄瀬くんもゾーンに入るのかな?
火神くん&黒子くんのほうは、こちらも今までの試合で必殺技を見せてるので
どんな風に戦うのかな~。
幻影のシュートのタネはそろそろ明かされそうな気もします。

試合の結果としては、誠凛が勝つんだろうなぁと思いつつ、
爽やかな熱い試合、期待しています!!

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/615-d87fb7c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。