スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】黒子のバスケ 第191Q「丸見えだぜ」(&Blu-ray5巻感想) 
黒子のバスケ 第191Q「丸見えだぜ」読みました~。

追記から感想です。

黒子のバスケ 5 [Blu-ray]黒子のバスケ 5 [Blu-ray]
(2012/11/22)
小野賢章、小野友樹 他

商品詳細を見る

それから、黒子のバスケBlu-ray5巻が届きました~^^
この巻は誠凛VS秀徳戦ラストまでが収録されていて、お好み焼きシーンだったり
青峰くんも登場していたり、何度も私的に繰り返し見ている話数が収録されています♪

14話から新OP&EDに変わっているんですが、テレビで放映当時はOPは未完成版でしたが、
Blu-rayに収録されているのは完成版でした。
未完成版のOPはある意味貴重かもしれませんw録画したのとっておこう♪
キャストインタビューは緑間くん役の小野大輔さん。
小野Dさん、ホント緑間くんが好きだなぁと(笑)
「大好きなんです」、「好き過ぎるんですよね」、「緑間にノロケているみたいですけど」、と
努力型の天才の緑間くんがすごく好きなことがコメントに溢れてますw
「真面目で少し変」なところが魅力。変な人に魅力を感じる!!
オーディションでは火神くんの役も受けていたようですが、緑間くんに決まって
ホントに嬉しかったと。13Qの「信じていた」のシーンは原作を読んでぐっときたシーンで、
特に気持ちを込めて、すごく考えに考えた上でアフレコされたそうで
緑間くんスキーとしては、こんなに緑間くんが大好きな小野Dさんが演じてくれて
すごく良かった!!と思います。まだまだ色んなシーンを小野Dさんの声の緑間くんで
アニメでみたいです!!

特典CDはfeat.火神大我ということで、ドラマCDは原作にもあった火神くんのテスト対策の話♪
アニメではカットされちゃっていただけに、ドラマCDになって嬉しかったです~!!
原作の話だけあって、すごくテンポも良くって面白かった!!
ドラマCDでは、原作をさらに膨らませてました~。
黒子くんと火神くんの一問一答のシーンとか、黒子っち(っていうか賢章さん)が
プラナリア~のくだりをすらすらしゃべって頑張ってるなぁと思っていたら、
あとのキャストコメントでいっぱいやり直していたことがわかって(笑)、微笑ましく思ったり、
そして、誠凛のキャストのみなさんがそんな賢章さんを頑張れ!頑張れ!と見守っていたようで(笑)
誠凛のキャストのみなさんがすごく和気藹々として楽しそうで、
前の巻のインタビューで伊月先輩役の野島さんがすごくみなさん仲が良いっておっしゃってましたが、
和やかな雰囲気がすごく伝わってきました♪
キセキの帝光祭のドラマCDのキャストコメントでは賢章さんがすっごく緊張していて、
最初に話したっきり、ミスディレっていたので(笑)、誠凛はアニメで長い間チームとして過ごして
いただけあるなぁと思いましたw
あと、原作ではNG集として緑間くんのコロコロ鉛筆に攻撃される火神くんのシーンがありましたが、
ドラマCDにもその描写がありました(笑)
バカガミテスト対策篇、すっごく楽しかったです♪

あと、セイシュンTIP-OFF!!は曲が火神くんの雰囲気とすごく合ってるので良かったです!!
火神くんらしい曲♪
前回の緑間くんは、曲が緑間くんのキャラと微妙にミスマッチで(笑)
そのミスマッチ感が面白かったですw



ここからジャンプ感想 黒子のバスケ 第191Q「丸見えだぜ」

まず、扉絵!!
カーディガンな笠松先輩♪
かっこいいです~^^

全国にその名を轟かせる、質実剛健、決して折れない海常(チーム)の背骨

まさに海常の大黒柱♪

黒子くんの幻影のシュートのからくりに気づいた様子の笠松先輩。
説明している時間がないと言いつつ、

「おそらく黒子はそろそろ一度ベンチに下がる・・・がただじゃかえさねー
 武器を一つ ぶっ壊してやる」


笠松先輩かっこいいです!!
黄瀬くんっていうエースがベンチに下がっている今、できることをやる!!
ひとつでも潰しておく!!
キャプテンの気概が伝わってきます!!
笠松先輩以外も、小堀先輩が木吉先輩をおさえてたり、地味に活躍してほろりとしたりw
(木吉先輩がほめてたしね!!)
早川先輩のリバウンドに、森山先輩のシュートに、
海常もエースが不在でもねばる!!

そして、ついに黒子くんの幻影のシュートをブロックする笠松先輩!!

オレは以前ボールの軌道が高い可能性を考えたが・・・逆だ!
あの独特のフォームによる打点の低さ それこそが消える秘密だったんだ!


ということで、氷室さんが解説!!
わーい、室ちん久々にいっぱい解説してくれてましたw
低い打点と、シュートタイミングの速さ、火神くんへの視線誘導が種?とのことで、
バックステップをして距離をとって視野を広げた上で、
笠松先輩の速さでボールの動きに追いついたってことかな。
さすが、主将!!
黒子くんのミスディレクションを完璧に抑えていた今吉先輩といい、
全国区のチームのキャプテン、やはりなかなかやりますな♪

幻影のシュートが攻略されたタイミングで交代となった、黒子くん。
ショックを受けてるんじゃないかと心配するメンバーですが、思ったより普通な黒子くん。
青峰くんにパスを止められた時には、思いっきり動揺していた。でも、今は。

「頼れるエースがいますから」

交代する間際、黒子くんに声をかける火神くん。
「黒子 まかせとけ」と。
黒子くんに火神くん、どんどん成長してるなぁ。
エースな火神くんを信じて信頼して試合を託す黒子くんに、
以前のようにひとり暴走するのではない、エースとしての火神くん。

ダブルチームもものともせずに、ダンクを決める火神くん!!

「ボールいつでもください」

「なんか今負けるしないんで」


ということで、黒子くんの幻影のシュートは破られてしまいましたが、
黄瀬くんがベンチの今、火神くんは誰にも止められない!!
火神くん活躍ターンになりそうです!!
青峰くんに真の光と言われ、黄瀬くんにもキセキと同格と認められ、
いまやキセキと変わらない火神くんは、同じキセキの選手以外には止められないでしょうね~。
ということで、黄瀬くんが戻ってくるまでに逆転、そして点差をつけることになるのかな。
さすがに誠凛、ここで追いつかないとね。
火神くんが活躍した上で、黄瀬くんとの終盤の対決、
そして幻影のシュートが破られてしまった黒子っちがこの後どんな活躍をしてくれるのか、
この先も楽しみです!!

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/629-6c6917c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。