スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】黒子のバスケ 第193Q「ナメんじゃねぇ!!」(&銀魂、ハンター×ハンター) 
黒子のバスケ 第193Q「ナメんじゃねぇ!!」読みました~。

追記から感想です♪

先週と今週の銀魂とハンターの感想も。

それから拍手を押してくださったみなさま、ありがとうございました^^



まずは、銀魂425訓「ドSとドS」、426訓「バカと刀は使いよう」

先週、今週と最近の展開が面白くって!!楽しい~!!
まずは、先週はドSコンビの表紙からテンション上がった!!
エクスカリバーなクサナギさんのことはとりあえず置いておいて(笑)、
近藤さん&土方さんが、総悟くんを心配する様が、親ばかっぷりが大好きで、
真選組のエースとして認めてるっぷりがたまらないというか、
うちの子最強って思ってるのが、ホント愛しいですw保護者♪保護者♪
そして、銀さんVS総悟くんが対峙して、刀を交えるコマにはものすごくテンション上がりました!!
すごく燃えます!!
何これ、シリアスなの?!
でも銀さん、お尻に刀刺さってるけどね(笑)
万事屋と真選組が絡むとやっぱり楽しいです♪
そして、今週。
千兵衛さんを一撃で倒しちゃう総悟くんがめっさかっこよかったーー!!
総悟くん、強いーー≧▽≦
あっさり、魔剣マガナギを取り込んじゃった総悟くん(笑)
銀さんとの真剣勝負が見られるんでしょうか?
そして、今週はミスディレクション中だった(笑)土方さんは登場するかな?と思いつつ、
次週も楽しみです♪


HUNTER×HUNTER 「クラピカ追憶編」前後編

久しぶりのハンター!!
映画公開にあわせてとのことで、クラピカの子供時代のお話。
前後編、面白かったです~!!
クラピカを主人公として、1つの物語として完成していてすごく面白かった!!
本編では中性的なイメージのクラピカですが、
子供時代のクラピカはやんちゃな少年って感じで。可愛いなぁ!!
冒険物語って感じですが、ラストはやはり緋の眼の事件で締めくくられるのが何とも。
そして、ジャンプの気になる巻末コメント。
B面もあるって、すっごく気になるんですけど~!!読みたい!!
ぜひ、世に出して欲しいです!!
アニメのほうはそんなにって感じなので、映画は特にいいかなぁと思っていたんですが、
劇場に行くとコミックス0巻がもらえるんですね!!
今回のジャンプのクラピカ追憶編と、冨樫先生のインタビューが収録されているとか。
読みたいなぁ!!映画、行こうかなw
そして冨樫先生、本編の再開はいつですか(笑)?
コミックス31巻を買って読んで、ゾルディック家とかヒソカが出てくると
やっぱり俄然面白くなるなぁと思った今回。
本編の続きも待ち遠しいです!!


黒子のバスケ 第193Q「ナメんじゃねぇ!!」

コミックス累計発行部数1400万部突破記念でセンターカラーは黒子くん。
爽やかです~^^
1400万部ってすごいなぁ!!
かく言う私も、アニメを見て去年は1冊も持っていなかったコミックスを
今では20巻まで買い揃えてるわけで、同じような方がきっと多いんだろうなぁと思うと、
アニメの力ってすごく偉大だと思います!!
ということで、アニメ2期待ってます~!!

本編は、黄瀬くんが下がって火神くんが絶好調で誠凛ペースの第3Q。
火神くんにダブルチームでつくも、止められない!!
海常もなんとか食らいつくも厳しい状況。
今の誠凛は絶好調でそうそう止めるのは難しいだろうと。
火神くん以外のメンバーもタレント揃いということで、
氷室さんによる誠凛メンバー解説が入りました♪

「高精度のスリー クラッチシューターキャプテン日向順平」

「鷹の目による正確なパスと高速ドライブもしとめる爪を持つ 司令塔伊月俊」
  
「並外れた大きい手による「後出しの権利」と片手リバウンド「無冠の五将」の一人 木吉鉄平」

「天賦の跳躍力を持つ未完の大器 火神大我」

「控えの選手も少ないながら質は高い」

「さらにミスディレクションを応用した技を駆使し神出鬼没 幻のシックスマン黒子テツヤもひかえている」


氷室さん、誠凛メンバーをよく把握してる!!と思いつつ、
水戸部先輩は名前言ってあげないのね・・・とちょっとほろりとしちゃったんですが、
陽泉と戦った時は、控えだったししょうがないかもですね。
そういえば、水戸部先輩も必殺技とか何か身に着けたんでしょうか?
2年生の先輩達はそれぞれ技を磨いていたような気がしますが、今後の試合で出るかな?どうかな?
後半に向けては出すタイミングがあまりなさそうですが、ちょっと気になります。
一人としてフリーにできない誠凛の選手。
笠松先輩は、このまま行くぞ!!と。
誠凛5人全員に対応できるような都合のいい策はない、けど点は取れる。

「やるだけやって点をとられたらしょうがねぇ」
「ただし必ず取り返す!!死んでもくらいつくぞ!!」


やはり笠松主将、頼りになります!!
桐皇戦の時も、やるんだよ!!と気合を入れていましたが、ホント力強いなぁ!!
まさに、みんなを引っ張るキャプテン。
こんな風に言われたら、「はい!!」と全力でついていきたくなります!!
黄瀬くん頼みなのが情けないと思いつつ、
それでも勝つためなら喜んでやってやるという勝利への思い。
笠松先輩のその思いは、昨年のこともあるし並々ならぬものがあるんだろうなぁと。

そして、海常監督の回想。

練習試合で誠凛に負けて、そこから選手たちは変わっていったと。
黄瀬くんが入部した当初は、「キセキの世代」の加入でそうそう負けるはずがないと
どこか部の雰囲気がゆるみがちだった。
それでも、試合に負けて、つらい練習にも音を上げず、努力も惜しまないようになったと。
それは黄瀬くんも例外ではなく、モデルの仕事も休み、誰よりも遅くまで残って練習するように。
自己紹介したときのシャラい(笑)黄瀬くんから、変わっていったんですね。
その姿を見て、最初はただの有名選手としてしか見ていなかった部員達も
徐々に黄瀬くんを「海常のエース」として見るようになっていったと。
笠松先輩は、入部当時に「海常の一年の黄瀬」としてみていたけれど、
他の部員達はやはり「キセキの世代」の黄瀬くんで。
でも、負けた後、泥臭くもオーバーワークしちゃうほど練習する姿を見て、
見る目も変わり、同じ勝利を目指すチームのメンバーとし認め、
チームとしても成長していったんだなぁと思います。
黄瀬くんを中心としたチームにまとまっていった海常。
ほかのどのチームより誠凛に感謝しているし、ほかのどのチームより 誠凛に勝ちたいと思っている!!

笠松先輩のフルドライブ、伊月先輩のイーグルスピアではじかれるも、
こぼれたボールに気迫で食らいつく、笠松先輩!!
ボールを受けた小堀先輩のシュートは木吉先輩に触れられて外れるも、
リバウンドを取った早川先輩がシュートを無理やり決める!!

「まだまだぁ 海常なめんじゃねーぞ!」

ということで、海常の先輩達の気迫が伝わる展開でした!!
火神くんが止められないって言うわりには、今回は火神くんがミスディレっていて(笑)
黄瀬くんが抜けて誠凛ペースとは言っても、そんなに点差がついてないなぁという印象でした。
今週は、海常の先輩達がすごくかっこよかった!!
この姿をみて、黄瀬くんは黙ってられるはずないですよね!!
黄瀬くんがこの先輩達と一緒に戦えるのもWCが最後なので、ぜひチームとして良い試合をして欲しい!!
海常にも勝って欲しいなぁと思いつつ、
次週も楽しみです♪

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/632-bad40e02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。