スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】黒子のバスケ 第197Q「飲み込まれるぞ」 
黒子のバスケ 第197Q「飲み込まれるぞ」読みました~。

2週間以上空いてのジャンプ。すっごく久々な気がします~!!
新年早々のオールカラーにテンションが上がって以来、続きを待ってました♪

ということで、追記より感想です~。

それから、拍手を押してくださったみなさま、ありがとうございました♪
嬉しいです^^更新の励みになります~!!



ジャンプ感想の前に、本日の32キャラの壁紙は若松さんでした♪
どのキャラのどのシーンかチェックするのが日課になってますv
コミックスで探して、そのまま読みふけるっていうのが楽しみですw

それから、ジャンプに黒バスグッズが色々のってました~。
緑間おすすめ!特製お汁粉!
真ちゃんのお汁粉(笑)ついにグッズにまでなっちゃったんですね~w
お汁粉1人前で800円って高っ!!
さすが、緑間さんおすすめなだけありますw
パッケージのドヤ顔の緑間くんと後ろの黒子っちのテンションの差に笑ってしまいました(笑)

800円のお汁粉はさておき、
帰りに寄ったスーパーでおすすめ品として山積みされていて、思わずこちらを買ってしまいましたw



真ちゃんにおすすめしたいですw

それはさておき、ジャンプ本編。
扉絵は日向先輩♪

勝っている ときこそ問われる キャプテンシー

キャプテンシーといえば、笠松先輩!!ですが、
そんな笠松先輩にも練習試合のときよりもキャプテンとして成長したと認められていた日向先輩。
ぜひ、日向先輩にもキャプテンシーを発揮して欲しいなぁと思いつつ読みはじめました~。

黄瀬くんのパーフェクトコピーが止められない!!ということで、
タイムアウトをとる誠凛。
パーフェクトコピーの限界が伸びているようだと。
そして、今の点差では安全圏ではない、何か手を打たないとやばいとカントク。
そんな中、黄瀬くんを止める方法があるかもしれません、と何か提案する黒子くん。

一方の海常は、黄瀬くんは集中した状態で、他のメンバーも追い上げムードに
士気が高まってる様子。今まさに流れは海常!奇跡こういうは時こそ起きるものだ!!

日向先輩が誠凛メンバーに気合を入れて試合再開!!

「ここからミスは絶対できねぇぞ 全員集中しろ! 
 作戦が成功しても海常は黄瀬だけのチームじゃない 
 試合終了のブザーが鳴るまで決して気を抜くな
 パスや連携は今まで以上に慎重にイージーシュートは外したらダメだ
 なんとしても今のリードを守りきるぞ!!」


試合再開直後、黄瀬くんと火神くんの1対1!!
エンペラーアイのパーフェクトコピーでボールを黄瀬くんにはじかれる火神くん。
しかし、黄瀬くんが弾いたボールを黒子くんがとり、日向先輩にパス!!
日向先輩の3Pーー!!
でも、森山先輩のDFにシュートは外れてしまう!!
ちょっ、日向先輩ーー!!ミスは絶対できないって言ったばっかりじゃん(笑)!!と
思わず突っ込んじゃいましたwシリアスパートなのにごめんなさいw
さらに、リバウンド勝負では小堀先輩にボールを捕られる木吉先輩。
試合序盤は対小堀先輩に対しては、木吉先輩のほうがかなり優位っぽかったと思うので、
木吉先輩、無冠の5将なんだからもうちょっと頑張って!!ってツッコミたくなっちゃったんですが、
それだけ、海常が波に乗っている状態ってことでしょうか。

攻守交代で、今度は海常の攻撃!!
ここでタイムアウトの時の黒子っちの作戦が実行される!!

黄瀬くんの守備につく黒子くん!!
しかし、その後ろに火神くんが控えていることを読み、
わざと抜かせて火神っちで止めてからのバックチップを狙ってるんだろうと。
前にも一度破っている作戦。
まさか前と全く同じなんてことないっスよね!?という黄瀬くんに対し、
「はい 前とは違います」と黒子くん。

伊月先輩の、イーグルスピア再び!!

黒子・火神・伊月の・・・三方向(トリプル)同時アタック!!

おおっ、連携プレーきた!!これは新鮮!!キタコレ!!
と思っていたら、パーフェクトコピー中の黄瀬くんはそれでも止められない!!
ここでまた黒子くんのパススキルを応用して
ノーモーションからのスピンの遠心力を利用して笠松先輩にパス!!
そして、さらに笠松先輩のパスからアリウープを決める黄瀬くんーー!!

おおーー!!!
この一連の攻防はわくわくしました!!
黄瀬くん強いーーー!!!
これこそ人並みはずれたバスケセンスを持つ黄瀬くんならではだなぁと!!

「今のオレは誰にも止められない」

ということで、海常怒涛の追い上げ!!
点差もついに1桁に。

赤司くんに「止められないだけならばいいがな」とか、
氷室さんに「誠凛はすでに負の連鎖にはまりつつある」とか
不穏な発言をされる誠凛。
海常に一気に飲み込まれるぞということで、追い上げられる恐怖にさらされる誠凛です~。

さて、この突破口をどう見つけるのか。
火神くんゾーンはこの試合であるのかなぁとか、気になるところです。

黄瀬くん強い!!誠凛どうする?!ってな感じで続いた今回ですが、
最後の柱の「アンストッパブル」に思わず目がいっちゃいましたw
アンストッパブルといえば、青峰くん!!
自動的に青峰くんのキャラソンが脳内再生され、
そして、「アンストッパブルスコアラー」と緑間くんが良い声で解説しているのを思い出しましたw
その後、誰も青峰くんのことをアンストッパブルスコアラーって呼んでない気がしますがねw
そんな感じで、微妙に最後で青峰くんに持ってかれましたw

それはさておき、次回も楽しみです!!

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/646-c2dc77cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。