スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】黒子のバスケ 第199Q「至難の業だ」 
黒子のバスケ 第199Q「至難の業だ」読みました~。
追記より感想です。

ジャンプコミックスも買ってきました♪(アニバス3も)

黒子のバスケ 21 (ジャンプコミックス)     銀魂―ぎんたま― 48 (ジャンプコミックス)     アニバス vol.3 桐皇&others編 黒子のバスケ TVアニメキャラクターズブック (ジャンプコミックス)

黒バスコミックス21巻は、おまけページの情報が充実していて楽しかった!!
赤司くんのヒミツとか、成績順とかw
コミックス感想はまた別記事で書きたいと思います~。

それから、拍手を押してくださったみなさま、ありがとうございました♪
過去の記事にもありがとうございます^^



黄瀬くんのパーフェクトコピーが止められず、追い上げられる誠凛。
チームが崩れかけるも、火神くんのクサイ台詞(笑)で和んで、肩の力が抜ける誠凛。
そしてまた、火神くんの台詞から黄瀬くんのパーフェクトコピーを止める方法を思いついた黒子くん。
いったんタイムアウトをとって、立て直しです!!

「これはオレ達の戦い(ドラマ)だ 筋書きはオレ達が決める」

こんな火神くんのクサイ台詞(笑)だったわけですが、そこからヒントを得た黒子くん。

パーフェクトコピーは「キセキの世代」全員の技を再現し、 
状況に応じて複合・使い分けることが強み。
再現ということは一つ一つは今まで戦ってきた「キセキの世代」と同じ。
そして誠凛には彼らと互角以上に渡り合ってきた選手が一人いる。
つまり黄瀬君が次に誰の技をコピーするかわかれば
火神君なら止められるかもしれない!!

さらには、赤司くんの解説も入りました~!!
予測するというより誘導すると言った方が正しいと。

「ミスディレクションには技術だけではなく相手のしぐさやクセを読みとることも必要になる
 それゆえ日頃から人間を観察し訓練しているテツヤならば可能性はある
 涼太のプレイの傾向・クセを見抜き次のプレイを限定する」


筋書きはオレ達が決める→プレイを限定するように誘導するってことなんですね。
人間観察により動きを読み取る、さらには誘導するっていう黒子くんの技は、
実は赤司くんのエンペラーアイとかプレイスタイルに近いものがあるかもしれないなぁと思ったり。
ちょうど、コミックス21巻を読んでて、高尾くんの動きを誘導してたなぁと。
エンペラーアイを使わずとも、手のひらの上で転がす赤司くんw
黒子くんに今のプレイスタイルを教えたのも赤司くんだし、
今後の2人の対決も気になるところです!!

残り2分足らずで数あるバスケのプレイパターンから限定するのは至難の業だと。
それでも、黄瀬くんを止めるにはそれにかけるしかない!!

今まで以上に黄瀬くんを観察するために、
しばらくほとんど戦力にならないがコートに立たせて欲しいという黒子くん。

黄瀬くんを止めるには黒子くんに託すしかないということで、気合を入れる誠凛!!
全員最後まで絶対諦めんな!!とのことで、試合再開です!!

くしくも、海常VS桐皇戦で青峰くんをコピーする黄瀬くんと
それをバックアップする海常メンバーの構図が
今度は黒子くんと誠凛のメンバーに置き換わった展開に。
パーフェクトコピーの黄瀬くん相手に、フルドライブで挑んだりなんとか粘ろうとする火神くんに、
ラインから出そうなボールを体をはって追いかける日向先輩に、

「自分のやるべきことをやれ 信じてんだからよ」

そんな言葉をかけられたら、黒子くんもやるしかないですよね!!

そんな誠凛の必死のプレーに会場応援も、海常一色ではなく海常、誠凛両チームに向けられるように。
しかし誠凛は驚異的な粘りをみせるも、ついに海常が逆転!!

海常78:誠凛77

残り39秒。次の攻撃中が黄瀬くんのプレイを見るラストチャンス!!

「ここでテツヤが答えを出せなければ誠凛の負けだ」

ということで、次回黒子くんが動きを見せるでしょうか?
黄瀬くんのプレイを誘導ってどう誘導するのか。
火神くんにとって相性の良いのは、高さで対抗する緑間くんの3Pかなぁと思ったりしますが(真ちゃんw)
どうなんでしょう?
黒子くんと火神くんのコンビプレーを期待しつつ、
黄瀬くんのコンビプレーももうちょっと見たいと思いつつ、
いよいよ終盤、楽しみです!!

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/648-adc6cd5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。