スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】黒子のバスケ 第202Q「思いませんでした」 
黒子のバスケ 第202Q「思いませんでした」読みました~。

誠凛VS海常、決着ーー!!



誠凛VS海常、ついに決着です!!

表紙は、誠凛VS海常決着記念のセンターカラーで黒子くん♪
ファントムシュートの黒子くんですが、まさにこれにより試合が決しました。

まずは、黄瀬くんのパスから笠松先輩のシュート!!
先週、ホントこのシーンにはドキドキしたし、決まってえええええと思って
今週がすごく待ち遠しかったんですが、
笠松先輩のシュート決まりました!!
よかったあああああ≧▽≦
黄瀬くんと笠松先輩の連携プレイからのシュート!!
桐皇戦のリベンジをしっかり果たし、仲間を、チームメイトを信頼することにより
決まった得点!!これは大きいです!!
海常、残り4秒で逆転!!

しかし、この逆転されるところまで誠凛は折込済だった!!

最後のタイムアウトの時。
黄瀬くんのプレイの癖を見抜き、説明する黒子くん。
最後に出す技がわかれば止められるかもしれない。
でも、それは黄瀬くんがワンマンプレイヤーだった中学時代であったなら。
でも、今の黄瀬くんは違う!!
ここからパスの選択肢も加わるとどうしてもプレイを絞り込めないと。黒子くん。
あやっまっていたのはこのことだったんですね~。
最後の最後、この点で試合が決まるというとき、キセキの世代は自分で決めにいき、
パスは絶対になかった中学時代。
そんな彼らですが、緑間くんも誠凛との2回目の試合から仲間にパスを出すようになり、
そして、黄瀬くんも桐皇戦で最後に青峰くんに阻まれてしまったことも乗り越えて、
パスを出し、逆転を決めた!!
それぞれがみんな成長してるんですよね!!

「ボクは昔彼にチームのために戦える選手になってほしいと願いましたが
 ここまで手がつけられなくなるとは思いませんでした」


つい最近、黒バスアニメのBlu-rayでTip-offの話を見返したばかりなので、
余計にぐっときました!!

「チームで大事なのは自分が何をすべきか考えることです」

そんな黒子っちの言葉や、海常っていうチームとの出会い、
誠凛、桐皇と試合を通して成長した黄瀬くんが、チームのために戦うエースとして
黒子くんの、誠凛の脅威となっている!!
熱い展開だなぁもう!!

そして、それでも勝負を最後まで決して諦めない黒子くんが頼んだのは
別のことでした!!

誠凛の本当の狙いは、カウンターのための数秒をつくった上で
黄瀬くんをゴール下まで誘いこみ火神くんを一早くスタートさせる!!
誠凛渾身の最後のカウンター!!

木吉先輩のパスから走り出す火神くん!!
そして、最後まで諦めない黄瀬くんもまだ終わってない!!と走り出し、火神くんに追いつく!!
黄瀬くんが追いつけたのも、小堀先輩の木吉先輩への反応が早かったから!!
海常もぎりぎりまで、戦ってる!!

黄瀬くんに追いつかれた火神くん。
今の黄瀬くんに通用するとすればこれしかないと、
一か八かで流星のダンクにいこうとするも、これは失敗すると悟る火神くん。

「火神君!!」

そこで声をかけた黒子くん!!
一歩遅かったと思う黄瀬くんと、そしてまだだっという火神くんは
ゴールのボードを利用して、ボールを叩きつけて跳ね返させることにより、
黒子くんにボールをパス!!
そして、黒子くんがファントムシュート!!
ブザービーターでシュートが決まるーー!!!

ということで、最後は黒子くんのシュートで誠凛が逆転!!勝負が決しました!!

先週は残り4秒だったので、黒子くんのイグナイトパスから火神くんが決めるのかなぁ
とか思ったりもしていたんですが、最後に決めたのは黒子くんで、
私的には予想外でおおっと思いました♪
誠凛と海常の練習試合のときも、最後の最後、黄瀬くんVS火神くん&黒子くんという形になって、
あの時は、黒子くんのパスから火神くんがブザービーターで決めたわけですが、
今回は火神くんのパスから黒子くんが決めました!!
あの時には、黒子くんにはシュートがなかったわけですが、
黒子くんもまたあれから試合に負けて、自分の新しいバスケを始めるようになって、
ひとつずつ進化して、ドライブにシュートに、戦う武器を身につけてきたからこそ
今回、得点できたわけなんですよね。
黒子くんも成長することを諦めなかったからこそ、黄瀬くんと戦えた♪

ということで誠凛VS海常戦、決着です!!
誠凛も海常もどっちも応援したくなるような試合で。
黄瀬くんの成長っぷりに何度も熱くさせていただきましたーー!!
黄瀬くんと笠松先輩の連係プレイが見られて良かった!!
次回の試合後の海常の様子が気になります~。
涙してしまうかもしれないけど、それでも笠松先輩がロッカールームで一人で泣くことなく、
みんなで爽やかな涙を流せるといいなぁと思ったり。
泣き虫黄瀬わんこは、泣いちゃうんだろうなぁと思ったり(笑)
そんなこんなで、次週も楽しみですーー!!

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/655-b7947afa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。