スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ジャンプ感想】黒子のバスケ 第221Q「テツヤ」 
黒子のバスケ 第221Q「テツヤ」詠みました~。
遅ればせながら追記より感想です。



先日、ジャンプショップに帝光中バージョンのスイングがあったのでガチャってきました♪
むっくんと真ちゃん~。
しかし、どっちもバスケットボールを持ってないっていうw

そして、今週のジャンプ銀魂も楽しかった~≧▽≦
(ジャンプ感想のため反転で)
高杉さん!がっつり出てきた~!!
武市先輩でお茶を濁すかと思いきや(笑)、しっかり出てきました!
そして銀さんの高杉さんの認識がひどいw
友達いたっけとかね~www
銀さんと高杉さん、遊郭で同じ女の子指名しちゃうとか、なんか若くて可愛いなw
銀さんと高杉さんの身長差に萌えた!!
銀さん、高杉さんをチビ扱いとか楽しすぎる!!
攘夷時代、シリアスベースなはずなのに、ギャグを織り交ぜ4人でわいわい
めっさ楽しかったです~!!
銀さんと高杉さんが無茶すると、ヅラが冷静になったり
坂本さんは高杉さん相手でもぶれずにガハハと笑って、マイペースだし、
良いバランスだなぁと♪
そして、続くんですねw次回はいよいよ黒子さん(笑)登場するかな♪

(反転終わり)



紫原の乱(笑)勃発!!ってことで、オレより弱い人の言うことを聞くのはやだと
赤司くんに歯向かうむっくん!!
そして、そんなむっくんにぶち切れて(笑)、力ずくでなければならないのならそうするまでだと
一対一で勝負だという赤司くん!!5本勝負で対決することに。

2人の勝負は、みんなの予想に反してむっくんが圧倒する展開に。
むっくんが4本先取し、赤司くんが追い詰められることに。
やはり覚醒したむっくんはなかなか止められないんですね~。
そして、むっくんはさらに赤司くんに追い討ちをかけます。
こんなもん?とか、かなりがっかりかも~とか、この程度のひとの言うこと聞くのはムリかな~とか。
うん、むっくん、この子ってばもう!やめてあげてw!
ホント大きな子供っていのが当てはまるむっくんですが、
そして、そんな言い分をさらっとかわせればいいんですが、
すべてに勝ってきた赤司くん、何があっても負けることは許されない、
この世は勝利が全てだという赤司くんには、かわせるわけもなく。

「すべてに勝つ僕は すべて正しい」

目の色が変わって、エンペラーアイ発動!!

「僕に逆らう奴は 親でも殺すぞ」

赤司くん、覚醒です!!
その後は、赤司くんがそのまま続けて5本先取して、赤司くんの勝利。

そして、覚醒した赤司くんは、試合に勝ちさえすれば好きにしていいと、
キセキの世代にとってチームプレイは邪魔なものでしかないと
勝つためには選手が最大の力を発揮する形を目指すべきだと。

ということで、ついにマジキチ赤司くん降臨です!!

赤司くんが覚醒するのは、負けの窮地に追い詰められた時だろうなぁとは
思っていましたが、まさか試合じゃなくってむっくんとの一対一がきっかけだったのには
びっくりしました~。
まぁ、帝光を追い詰めるチームってのがそもそも出てこなさそうだし、
キセキと同等の力があるのは同じキセキって考えると、
メンバー同士の対決がきっかけっていうのはまぁ納得です。
でも、結局赤司くんのオッドアイとは何だったのか(笑)
てっきり怪我でもしたのかなぁ~と思っていましたが、今回いきなり変わったので、
キセキのみなさんの髪の毛の色とかと一緒で、赤司くんのもう1つの人格だよっていう
演出ってことでしょうかw
なんか、唐突に切り替わったので、もうちょっと理由があるかな~と思っていただけに、
ちょっと残念でした~。
しかし、むっくんの子供じみた挑発に乗っちゃう赤司くんも、
やっぱり精神的には幼いというか、赤司家のプレッシャーを一身に背負った
中学生なんだな~と思いました。

たとえば、海常高校でバスケ部に入部当時の黄瀬くんなんかも、
オレのほうがバスケ上手いっすよ~と調子に乗った発言(笑)とかしていましたが、
そこには笠松先輩がいて。
バスケの能力だけがすべてじゃないということ。敬意を持つこと。
大事なことを教えてくれて導いてくれる先輩達がいたわけですが、
今の帝光中では、そんな先輩達もいなくて。
虹村先輩たちがいれば、まだ少しは違ったのかもしれないですが、引退してしまっている状態で。
頼りになったであろう監督もいなくて。
未熟なキセキのメンバーだけでは、崩壊するしかなかったのかな~。

勝つことがすべてな赤司くんをみてると、るろ剣の宗次郎を思い出しちゃいましたw
これは、黒子くん、誠凛と戦うことによって、敗北を知って
赤司くんが救われる展開になるのかな~と。

オッドアイになる前の赤司くんは、チームプレイを重んじていたんですよね。
他のキセキのように、チームで戦うことに意味を見出してくれたらなぁと。
救いがあるのは、洛山メンバーのみなさんがかなり良いキャラしてるってことだなと。
洛山のチームの勝利のために、爽やか赤司くんが戻ってきて
全てを吹っ切って全力で戦う赤司くんとかが出てきた日には、
狂喜乱舞して試合を見守ることは間違いないなぁと!!
ということで、誠凛VS洛山戦を楽しみにしたいと思います♪

今回でファンブックなどで赤司くんが仲の良いひとはって質問に
緑間くんって答えていたことに、すごく納得しました~。
赤司くん、むっくん、緑間くんで一緒にいる描写が多かったから、
むっくんも仲良いんじゃないかな~と思っていたんですが、
赤司くんの覚醒の元凶(笑)だったわけで。単純な仲良しとは違いました~w
その点、真ちゃんは赤司くんの2面性に早くから気づきつつ、
ことあるごとに心配しているんですよね。

あと、覚醒した赤司くんは、いきなりみんなを下の名前で呼ぶようになりますが、
支配者的な象徴かなと思いつつ、普段からみんがあだ名で呼んだりしているのを
ひそかに良いなぁよ思っていて、下の名前で呼びたい!と思っていた願望の表れだったら
かわいいなwと思ったりしました~w廚二♪廚二♪

青峰くんを連れ戻すことができずに、戻ってきた黒子くん。
青峰のことはもう諦めろと。今のままでも十分使える、ご苦労だったねと。
瞳孔がめっさ開いてさらには「テツヤ」っていきなり呼び捨てにされた日には
黒子くんも、キミは誰ですか?って聞いちゃいますよね(笑)

むっくんが覚醒して、赤司くんも覚醒して。
赤司くんがすっかり変貌してしまった今、チームも変わっていきそうです。
真ちゃんや黄瀬くんも変わってしまうのかな~。
今の時点では、他のメンバーに比べるととても平和な2人(笑)なので
あんまり変わって欲しくないなぁ~と思いつつ、そういうわけにもいかないんでしょうね。
赤司くんも覚醒したし、あとは全中の事件!!
アニメ2期始まるまでに、明らかになるといいなw

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/681-1af9933e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。