スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『花咲ける青少年』について 
銀魂の記事が続いたので(笑)、本日は少女マンガの話など。

樹なつみ先生の『花咲ける青少年』について。

最近、アニメ化もされたみたいですね^^

花咲ける青少年
『花咲ける青少年』

樹 なつみ著

白泉社(LaLa連載 1989年10月号 - 1994年10月号)

単行本全12巻




私は、単行本で持っています^^
この他にも、文庫版全6巻、そしてアニメ化にあわせて愛蔵版全6巻が出ているようです。
愛蔵版は、加筆修正に加え、当時の貴重な資料や短編・コミックス未収録の多数の番外編
が収録されているとのこと。
番外編など、かなり気になります!!

世界的な大企業バーンズワースの1人娘の花鹿が、
ある日、財閥の会長である父親から「夫探しゲーム」を持ちかけられることに
3人のそれぞれに異なる魅力を持つセレブな男性に出会い、、、
その中で、国家レベルの大きな事件に巻き込まれていくことに
そして、「夫探しゲーム」の真実の解き明かされ。。。


樹なつみ先生の作品、大好きです^^

朱鷺色シリーズ、OZ、八雲立つ、獣王星など^^
(獣王星は雑誌で読んでいたのですが、途中で雑誌を読むのをやめてしまったので、
実は最後まで読めていないのですが、、いつか読みたいです!他にも未読の作品を読んでみたいです。)

この作品は、樹なつみ先生の作品の中で1番始めに読んだ作品です^^
すっかり、先生の世界観に魅了されました~。

この先生の作品は、主人公が男性のパターンが多いのですが、
この作品は珍しく女の子。でも、かなり中性的な感じです。
この先生は魅力ある男性を描くのが、すごくうまい!
そして、先生自身もこういう素敵な男性を描くのが好きなんじゃないかなぁと思います!

とにかくスケールが大きいというか、、大財閥の総帥に、貴族に、王子に、、、煌びやかな世界です。
単に格好良い男性というわけではなく、
それぞれにバックグラウンドを持っていて、しっかり描かれています。

クライマックスの展開に本当に圧倒されて、気持ちよく読ませられてしまいました^^

私は立人が好きで、本当に幸せになって欲しくって(笑)

いつまでも大好きな作品です^^

アニメも放送されているようなので、観てみたいです~♪

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://karinlog.blog37.fc2.com/tb.php/8-368d1e86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。